退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ヒトラーの贋札』(2007) / ナチスの紙幣贋造作戦を内側を描く

映画『ヒトラーの贋札』(2007年、監督・脚本:シュテファン・ルツォヴィツキー)を鑑賞。いわゆるユダヤナチス映画。

ヒトラーの贋札 [DVD]

ヒトラーの贋札 [DVD]

第二次世界大戦中、ドイツ・ナチスがイギリス経済を混乱させるために実施された「ベルンハルト作戦」に関わったユダヤ人印刷工アドルフ・ブルガーの証言に基づいて制作された。作戦に関わった人たちのそれぞれの運命がフィクションを交え描かれる。

戦後、サリー(カール・マルコヴィクス)がモンテカルロの一流ホテルに札束の入ったスーツケースを持って入ってくるところから始まる。その札束はナチスの「ベルンハルト作戦」で偽造された贋札だった。

そこから回想が始まり、文書偽造の罪で警察に逮捕された後、ユダヤ強制収容所に送られr極秘の紙幣贋造作戦に従事する様子が描かれる。紙幣贋造作戦の工場は、一般の囚人から隔離され高待遇が用意されていた。作戦に協力することでナチスの加担することへの葛藤が描かれる。

ポンド紙幣の贋造に成功したチームに、続いてドル紙幣の贋造を命じられるが命がけでサボタージュしてナチスへの協力を拒み正義を全うする。また仲間を決して裏切らないサリーの姿も胸を打つ。

その後、収容所は連合軍により開放される。ラスト再び舞台はモンテカルロに戻り、工場からこっそり持ち出した贋札をカジノで遣いわざと負けづつけるサリーが描かれる。収容所で彼の何かが壊れたことを示唆するようだ。


ヒトラーの贋札(字幕版)(プレビュー)

実話の重みがあることがあり、よくできた映画なのだがどうもラストが弱い気がする。サリーの内面を汲み取る作業を観客に丸投げしている。察してくれよということかもしれないが、これでいいのかなという気がした。

また紙幣贋造の技術的内容についてもう少しく詳しく紹介してほしかった。どんな工程があり、どんな技術者が必要なのか、そして克服した技術的困難はどんなものだったのか興味がある。


Die Fälscher - Trailer (deutsch/german)