読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『SCOOP! 』 / 脱がない二階堂ふみにフンガイ!

映画

目黒シネマで映画『SCOOP! 』(2016年、監督:大根仁)を鑑賞。原田眞人が監督・脚本を手掛けたテレビ映画『盗写 1/250秒』(1985年)が原作だが、設定はスマホやデジカメが普及している現代。主演は福山雅治

SCOOP!  通常版Blu-ray

SCOOP! 通常版Blu-ray

かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマン・都城静(福山雅治)は、すっかり落ちぶれていまでは芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとして自堕落な日々を送る。ひょんなことから雑誌「SCOOP!」の新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組むことになる。いかにも合わなそうなコンビが大活躍しスクープを連発するが……。

劇場にも福山雅治目当てと思われる中年女性が何人か見受けられたが、彼女たちの目にはゲスっぽい福山はどのように映ったのか訊いていみたい。男性の観客の視点からは、まあ福山だからセーフだろうが普通なら本当のクズだろうなと思った。ギリギリのラインがうまく設定されている。

とは言うが、男としては福山には正直興味はなく、二階堂ふみに目がいく。福山と二階堂のバディ感はなかなか面白かった。結局男女の仲になってしまうのは福山だから仕方ないのか。まあ福山の映画というより、野火の成長譚として見てもよいのかもしれない。

ラスト近くでロバート・キャパの写真が登場するが、その時点で結末が見えてしまうのはいかにも安直すぎる。もう少しなんとかならなかったのか。

他の出演者で注目したいのはリリー・フランキーが演じたチャラ源。ボクサー崩れの情報屋。ラリっている演技が秀逸。結末が読めているはずなのに思わず画面に引き込まれた。


『SCOOP!』予告

難点といえば原作とは時代がちがうため、どうも納得できない点が残る。「フライデー」や「FOCUS」といった写真週刊誌が全盛だったころの話なのだろうが、すでに時代に取り残されたメディアという印象の強い現代においてパパラッチという職業そのものに説得力がない。

また時代がちがうという点で言えば、福山と二階堂のベッドシーンがソフトタッチなのも、福山がゲスな役作りをしている演技にまったく符合していない。写真週刊誌が全盛の時代なら、二階堂ふみもすっぱりと脱いでいたにちがいない。つーか、福山相手なら脱いでもいいだろう。コノヤロー。

この2つの時代ちがいが気になった一本だった。

f:id:goldensnail:20170228020655j:plain:w420