読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ロブスター』(2015) / 究極の少子化対策はこれだ!

新文芸坐で映画『ロブスター』(2015年、監督:ヨルゴス・ランティモス)を鑑賞。ギリシャ人監督だが本作は英語作品。ユニークな設定のSF映画

舞台は、パートナーを持ち家庭を営むことを義務付けられた近未来。“独身者”はホテルのような施設に送り込まれ45日以内にパートナーを見つけなかけらばならない。それができなかった場合、動物に変えられてしまう。ただし、何の動物に変えられるかはの本人の希望が通る。命がけの婚活だ。

独り身になってしまった男デイビッド(コリン・ファレル )は施設に送られてしまう。パートナーさがしに失敗したときはロブスターに変えられたいという。これでタイトル回収。参加者は動物に変えられたくないので、多少難があっても相手に合わせようとして無理をする。そのために生まれる悲喜劇が面白い。

結局、デイビッドはパートーナーを見つけようとするがうまく行かず、施設から脱走して“独身者”が集団生活する森に逃げ込む。皮肉なことに、そこでデイビッドは“近眼の女”(レイチェル・ワイズ)と恋に落ちるが、森には「恋愛禁止」の厳しい掟があった。ついにリーダー(レア・セドゥ)に二人の仲が露見して森を脱走するが……。


The Lobster Official International Trailer #1 (2015) Colin Farrell, Rachel Weisz Comedy Movie

まあこんな話だが、ラストは谷崎潤一郎の「春琴抄」を思わせる展開となり、「愛とは何か」という問いを観客に突きつける。

こうした不思議な設定を思いついた感性は賞賛されるべき。キャストも名優揃いで良質の不条理劇としても楽しめる。

f:id:goldensnail:20170220040021j:plain:w420