読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

アクティブスピーカー「JBL Authentics L16」 がすごかった

物欲 iPhone Mac

量販店でBluetoothスピーカーの売り場で物色していると、大きな音でスピーカーを試聴している人がいました。「お、いい音だなぁ」と思い、さり気なくチェックすると「JBL Authentics L16」でした。

比較的小型なBluetoothスピーカーが並ぶなか、ひときわ目立つ大型のスピーカーです。かなり前から鎮座していたはずですが、私には関係ないと思いこれまでスルーしていました。

そこには「とにかく音いい」というポップがありました。そこでモノは試しということで、私も手持ちのiPhoneBluetooth接続して試聴してみました。正直に言うと想定外の高音質で驚きました。周りのスピーカーとはまったく別次元の音です。ポップに偽りなし。まあ値段もそれなりですが。

伝統的なJBLサウンドでクラッシックよりジャズやポップスに合うと思われる音作りです。中低音の厚みは大したもので、やはり大型のエンクロージャーは違います。オーディオは物理ですね。音圧がすごい。

今回はBluetooth接続でしたが、このモデルはWi-Fiを搭載していてAirPlayにも対応しているのもうれしい。最近はWi-Fiを搭載しててもAirPlay対応していないモデルもあるので注意が必要です。ライセンスの問題でしょうか。

デザインは、見たとおり往年のJBLスピーカーを思わせる古典的なものです。好みは別れるかもしれませんが、オサレな部屋にも映えるではないでしょうか。ウォールナット材の手触りもいい。

さてJBLはこのモデルの弟分のモデルというべき「JBL Authentics L8」もリリースしています。16と8でなぜ半分なのか分かりませんが、やはりL8はL16と比べると中低音の厚みがやや劣っているような気がします。せっかく買うならL16が断然オススメですが、お財布と相談ですね。

お財布といえば、本モデルは10万円超えのコースになります。ちょうとiPhoneと同じぐらいの値段です。決して安くない買い物ですが可動部もなく長く使えそうなので、自宅にいることが多く稼働率が高ければ意外にリーズナブルな買い物かもしれません。ちょっと欲しくなりました。

f:id:goldensnail:20161111014553j:plain:w400