読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

展覧会の長い行列を待つときの5つの心得

雑記

先日、若冲展で長蛇の列に並ぶことになった。その時の教訓を基に5つの心得を紹介する。

チケットは事前に買っておくべし

美術館で当日券を買おうとする人がいるが、事前にチケットを買っておこう。買っておかないと当日券を買うための列に並ぶことになる。これに要する時間もバカにならないし、前売り券や金券ショップで事前に買っておけば少しはお金も節約できる。コネをフル活用して招待券をゲットするのが一番よい。

事前に食事をしておくべし

列に並んでから4〜5時間は食事ができない。事前に軽く食事を済ませておこう。なかにはパンやおにぎりを持参して列に並んで、立ちながら食べている人もいるがあまりに見苦しい。これに関連するが水分補給は不可欠なので好みの飲み物は忘れずに持参しよう。

寒暖に備えた服装を心がけるべし

季節にもよるが、当日は寒いのか暑いのか予想できない。どちらにも対応できる服装を心がけよう。ジャケットのように簡単に着たり脱いだりして調整できる服装がよいだろう。また日射病に備えて帽子も忘れずに持参しよう。

スマホの充電は満タンにするべし

列に並んでいると、ついついスマホで暇つぶしをしてしまう。スマホの電池が切れそうだと精神衛生上も悪いので充電は満タンにしておこう。軽い書物を読むのもいいのだが夜になり暗くなると読めないので要注意。

ひとりで行くべし

誰かといっしょに列に並んでもいいが相手は慎重に選ぼう。何時間も並んでいるとイライラする上に会話がもたないと気まずい。ひとりで行くがよい。会場に入っても相手に気兼ねしてもっと見ていたいのに帰ろうかということにもなる。もっとも美術に特別詳しい人だと頼りになるかもしれない。

これらが何かの役に立てば幸いである。

f:id:goldensnail:20160516201646j:plain

【関連記事】