読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

米TIME誌が選ぶ「最も影響力が大きかったガジェット50選」に日立ブランドの「電マ」があった

雑記

米TIME誌恒例の「The 100 Most Influential People」の特集号に便乗する企画なのか、「The 50 Most Influential Gadgets of All Time」という記事がリリースされていた。

time.com

「これまでに最も影響力が大きかったガジェット50選」ぐらいの意味だがなかなか興味深い。以下にベスト10を列挙しておくが、ぜひ上の記事でベスト50に目を通してほしい。日本発の製品をさがしてみるのもよいだろう。

  1. Apple iPhone
  2. Sony Trinitron
  3. Apple Macintosh
  4. Sony Walkman
  5. IBM Model 5150
  6. Victrola Record Player
  7. Regency TR-1 Transistor Radio
  8. Kodak Brownie Camera
  9. Apple iPod
  10. Magic Wand

第1位のiPhoneを始めアップル製品がいくつか見らるのは想定内だが、50選のなかにはソニー任天堂などの日本企業の製品もランクインしていていることから日本のエレクトロニクス産業の過去の栄光が見てとれる。

さてランキングを眺めていくと第10位に日立ブランドの「Magic Wand」という謎のガジェットに目がとまる。ハリー・ポッターに出ているような「魔法の杖」という意味だが、ここではマッサージ機のことで、いわゆる「電マ」である。

日本市場で日立にマッサージ機のイメージはないが、記事を読むとアメリカ市場では広く知られた製品のようだ。「日立と電マ」の取り合わせが面白い。

Magic Wand


A few years after a 2002 episode of Sex and the City revealed the electric neck massager’s cultish adoption as a vibrator, Hitachi dropped its brand from the device. But only in name: the Magic Wand—in service since the late-1960s—likely remains the best-known product stateside made by the $33.5 billion Japanese company. (Hitachi makes everything from aircraft engines to defense equipment, but perhaps nothing as personally stimulating.) Though sex therapists and fans have extolled the Wand’s virtues by analogizing it to cars (the Cadillac, the Rolls Royce), it more closely resembles a microphone, with a white plastic shaft—the wand—and a vibrating head—presumably, the magic.

今回ランキングしたガジェットを見ると日本市場では馴染みのないものもあり、日米の市場のちがいを感じることができて興味深いし、懐かしいガジェットで当時のこと思い出してみるのも一興だろう。