読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ピアノの森』(2007) / 人気コミックの劇場アニメ化作品。悪くない

Huluで長編アニメーション『ピアノの森』(2007年、監督:小島正幸)を鑑賞。一色まことの同名コミックのアニメ化作品。主人公・一ノ瀬海の小学校時代、ピアノコンクールの地区予選までが描かれる。

ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD]

ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD]

マッドハウスが制作のアニメーションなのでレベルが高いし、原作の持ち味がよく出ている。肝心のピアノの演奏も申し分ない。原作のイメージが損なわれるのでという懸念があったので、これまであえて見なかったので原作が完結したこともあり今回初めて見てみたが存外によかった。

このアニメの特徴は、アテレコをいわゆるプロフェッショナルの声優ではなく俳優が担当していること。例えば、主人公・一ノ瀬海を上戸彩、雨宮修平を神木隆之介、阿字野壮介を宮迫博之がそれぞれ演じている。これを気にする人は多いだろう。これはジブリの影響だろうか。

この配役は公開当時に物議を呼んだが、私が今回見た限りではそれほど嫌味はなかった。もっとも誰が演じても、原作ファンにとってはコレジャナイ感が払拭できないだろうが……。

このテイストで原作のクライマックスであるショパンコンクールまでアニメ化してほしいと思っていたが、続編のつくられていないところをみると興行的に低調だったのだろう。ただ続編となると、声変わりする主人公たちを誰が演じるのかという問題もあるが、要らぬ心配というべきか。