退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『アナザープラネット』(2011) / SFの舞台を借りた贖罪の映画

DVDで映画『アナザープラネット』(2011年、監督:マイク・ケイヒル)を鑑賞。原題はAnother Earth だが、なぜ邦題を「アナザープラネット」にしたのは不明。ハードなSF映画かと思って借りてきたが期待とはちがって不思議な映画だった。

MITに合格して「なんでもできる」と我が世の春を謳歌していた秀才・ローザ(ブリット・マーリング)はある夜、空に浮かんでた謎の惑星に気をとられて運転を誤り人身事故を起こし、妊婦と幼児を死なせてしまう。飲酒したこともあり交通刑務所に収監される。4年の刑期を終えたローダは、謝罪のため交通事故で家族を失ったジョン(ウィリアム・メイポーザー)を訪ねるが、身元を隠したままジョンと親しくなり男女の関係になる。罪悪感に苛まれるローザだったが、謎の惑星がもうひとつの地球であり、地球と同じ人たちが存在する〈パラレル・ワールド〉だということに気付く。


Another Earth Movie Trailer Official (HD)

最初の交通事故のシーンは、運転免許更新のときに見せられるような映像だなと思いながら見ていくが、脚本が素晴らしく思わず引き込まれていく。主演のブリット・マーリングも影のある知的な女性を好演。美人ですね。好みです。

映画が佳境に入って、これから主人公はどうなるのか、そして「もうひとつの地球」はなぜ現れたのかなどと考えていると、映画はラスト10分で急展開して観客に丸投げされて終わる。詳しくは書かないが、ぜひその衝撃を体感してほしい。おそらくラストシーンはもう一度確認したくなるだろう。DVDでよかった。

いろいろな解釈が考えられるが、良くも悪くもサンダンス映画祭的というべきだろうか。さすがにこの映画は分かりにくいと判断されたのか、日本では劇場公開されなかったのもうなずける。

二つの地球の重力は干渉し合わないのかなどと無粋なことを考えないで見るのがいいだろう。低予算でも映画はつくれるということは分かる。アメリカ映画も捨てたものではない。