読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

iPhone 6s ファースト・インプレッション(iPhone 6s 導入記 #03)

iPhone

iPhone 5sau版)からSIMフリーiPhone 6sと格安SIMの組み合わせに乗り換えることを決意して、まずSIMフリーiPhone 6sを購入しSIMを載せ替えました。しばらく使ってみたので今回はざっくりとiPhone 6s使用感を書きます

http://www.flickr.com/photos/65265630@N03/21760789473
photo by Janitors

サイズ

5sから6sに乗り換えて最初に感じるのはやはり大きさのちがいです。画面サイズが4インチから4.7インチになりました。持ってみるとバランスがいいのか重くなった感じはしません。
f:id:goldensnail:20151109002022j:plain

やはり大きいです。以前より左手で持って右手で操作していたので使用中はあまり影響はありませんが、持ち運びは不便かもしれません。冬場はアウターのポケットがあるのでまだいいのですが、夏場はちょっと困りそうです。

その反面、画面サイズが大きいのでテキストの一覧性はすぐれています。長文を読む負担は軽減されました。

いまでも4インチのiPhoneがほしいというのが本音ですが、こればかりは仕方ありません。

スピード

さすがに2世代ちがうと動作は速くなったことを実感できます。アプリの切り替えやスクロールなど、あらゆる操作でキビキビと動きます。

とくにTouch IDの指紋認証の処理速度の向上はすばらしい。手に取るとき毎回認証することになるので、この点は満足度がひときわ高いです。

スピードに関しては買い換えた価値があると感じました。

3D Touch

iPhone 6sから採用されたユーザーインターフェースの3D Touchについて触れます。この3D Touchは画面を「押しこむ」ことで新しいUIを提供するものです。「ぶるっ」とフィードバックがあるのも面白いです。

だたしユーザーにもちょっと慣れが必要かもしれません。だいぶ慣れてきましたが、「長押し」と区別できないようなユーザーもいるかもしれません。

あとアプリの対応もカギです。Appleの純正アプリでは対応が進んでいますが、サードパーティのアプリはまだ3D Touchの利点を活かしきっていません。ブラウザについて言えば、最近は3D touchが便利なのでChomeよりSafariをよく使うようになりました。

3D Touchはたしかに便利で可能性を感じますが、普及にはもう少し時間がかかるようです。

http://www.flickr.com/photos/137872055@N03/23098802779
photo by iphonedigital

その他

細かいことですが電源スイッチが上部から側面に移動したのは戸惑いました。長年の習慣というのは恐ろしい。何度も空振りしました。まあこれは時間が解決する問題でしょう。

結論を言うとサイズ以外は不満はありません。しばらく使ってみて他に気付く点があればまた紹介したいと思います。