退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ブラック・レイン』(1989) / 高倉健がレイ・チャールズを歌ってます

新文芸坐の《高倉健 一周忌 健さんFOREVER あなたを忘れない》の最終日に映画『市川崑監督の忠臣蔵』(1989年、監督:リドリー・スコット)を鑑賞。マイケル・ダグラス主演。

大阪を舞台に日米の刑事が協力して凶悪犯を追う姿を描く。高倉健大阪府警の松本刑事役。ストーリーは以下のとおり。

刑事ニック(マイケル・ダグラス)は、ニューヨークでヤクザを刺殺した犯人・佐藤(松田優作)を逮捕するが、日本で指名手配されていたため日本に護送する。しかし空港で警官を装った佐藤の部下に引き渡し、佐藤に逃亡されてしまう。捜査をめぐり対立するニックと松本だったが、次第に信頼関係が生まれ、二人で協力してヤクザと戦い佐藤を逮捕する。

アメリカ映画なので日本の描写がいろいろおかしいのはいつものことだが、阪急梅田駅のあたりの風景はなつかしい。おかしいと言えば、謹慎中の松本刑事がヤクザ相手に大暴れした後に、犯人逮捕の功績で警察署で表彰されるところ。いやいや、これは日本ではダメでしょと思ったが結果オーライらしい。これがアメリカ流なのか。

www.youtube.com

本作は豪華な日本人キャストも見どころ。高倉健をのほかにも松田優作若山富三郎などが名を連ねる他に、ガッツ石松や安岡力也がヤクザ役で出ているのは貴重。ハリウッド映画なのにVシネマっぽいところが楽しい。

また日本人キャストの英語もチェックポイント。高倉健の英語はそこそこだったが、上司の神山繁の英語が流暢だったのにはびっくりぽん。ほかにも若山富三郎がドスの聞いた英語も披露しているのも注目。

今回は高倉健の上映企画だったが、あくまでも主演はマイケル・ダグラス。日本人キャストのなかでも松田優作に美味しいところ持っていかれてあまり冴えない。あえて見どころというか聞きどころを言えば、高倉健が劇中でレイ・チャールズの"What'd I Say"を歌うことろぐらいだろうか。

やはり松田優作の遺作として記憶される作品だろう。

www.youtube.com