読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

吉井和哉のカバーアルバム「ヨシー・ファンクJr. 〜此レガ原点!!〜」を聞いてみた

そろそろ夏も終わりだが、この夏の間ヘビーローテションしていたのが、吉井和哉昭和歌謡やポップスをカバーしたアルバム「「ヨシー・ファンクJr. 〜此レガ原点!!〜」だった。お気に入りの一枚だ。

収録曲は下記のとおり。

No. 曲名(オリジナル・アーティスト、リリース年)
1 SPINNING TOE HOLD ~OPENING~ (クリエイション 1977年)
2 真赤な太陽 (美空ひばり 1967年)
3 ウォンテッド (指名手配) (ピンク・レディー 1977年)
4 おまえがパラダイス (沢田研二 1980年)
5 噂の女 (内山田洋とクール・ファイブ 1970年)
6 夢の途中 (来生たかお 1981年)
7 あの日にかえりたい (荒井由実 1975年)
8 人形の家 (弘田三枝子 1969年)
9 百合コレクション (あがた森魚 1984年)
10 さらばシベリア鉄道 (大滝詠一 1981年)
11 襟裳岬 (森進一 1974年)
12 SPINNING TOE HOLD ~ENDING~

だれでも知っているヒット曲のなかにあって、あがた森魚「百合コレクション」が目を引く。なぜこの曲がチョイスされたのだろうと思ったが、リーフレットには選曲理由はない。

そこでアルバム発売時に「MUSIC MAGAZINE」(2014年11月号)で吉井和哉の特集が組まれていて、本アルバムについてのインタビュー記事があったのであたってみた。アルバムが気に入った人はぜひ読んでほしい。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 11月号

それでも「あがた森魚が好きで、ある時期聞いていた」とのことだが、選曲理由ははっきりとしない。まあいいや。とりあえず措いておこう。


吉井和哉『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』MV - YouTube

ちなみに吉井和哉はこのアルバムの前ににも昭和歌謡のカバー曲を発表している。

厳密には後者はオリジナルはアメリカのフォークソングだが、私の中ではちあきなおみの楽曲の印象がつよい。本アルバムが気に入った人はこちらも併せて聞いてみるよいだろう。

MOTHER OF ALL THE BEST

MOTHER OF ALL THE BEST

18(初回限定盤)(DVD付)

18(初回限定盤)(DVD付)