退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『本日休診』(1952) / 元陸軍中尉を演じる三國連太郎がオイシイ

シネマヴェーラ渋谷の《渋谷実のおかしな世界》で映画『本日休診』(1952年、監督:渋谷実)を鑑賞。井伏鱒二の小説を映画化した人情ドラマ。

戦後、甥を院長に迎えて病院を復興した三雲医師(柳永二郎)。その一周年を記念して医院を休診して病院のスタッフは熱海に骨休みに出かける。三雲医師は医院に残りのんびりするつもりだったが、休診日にもかかわらず次々にワケありの患者や訪問客がやってくる。

<あの頃映画>本日休診 [DVD]

<あの頃映画>本日休診 [DVD]

全体としては松竹らしい予定調和的な人情映画であり、渋谷監督らしさはあまり感じられない。そのなかで戦争の後遺症のため精神を病んだ元陸軍中尉(三國連太郎)の存在が突出している。戦争気分の抜けない元中尉の号令で出演者が揃って敬礼するシーンが印象的。これは反戦のメッセージなのか。まだ駆け出しだった三國連太郎はオイシイ役をもらったものだ。

また出演者のなかでは鶴田浩二に注目したい。後年、東映で任侠路線で鳴らす鶴田が、この映画では指を詰めたいと三雲医院にやってくるヤクザを演じていてる。ちょっと因縁めいたものを感じるがさすがにかっこいい。

それにしても主演の柳永二郎をはじめ出演者がみんな芝居が上手い。日本映画の黄金期を感じさせる作品です。

f:id:goldensnail:20150705203951j:plain