読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

「新しいMacBook」出ました ― USB-Cポート1つの思い切りのよさ ―

日本時間3月9日深夜のApple Spring Forword イベントで、重さ1kgを切るモデル「新しいMacBook」が発表されました。モデル名が、ただの「MacBook」というのが印象的です。

f:id:goldensnail:20150310235759j:plain

「新しいMacBook」の特徴については下のビデオを参照してください。

The new MacBook - Design - YouTube

以下に気になった点について思いつくまま感想を述べます。

インタフェースはUSB-Cポート1つのみ

このモデルで最も特徴的なのは、USB TypeCポート1つだけ装備している点です。この端子のApple独自のものではなく、標準規格ですがまだ普及していないので発売されてる周辺機器も少なく、これからの規格です。

驚いたのは給電もMagSafeからではなく、 USB-Cポート経由になること。充電中は他のUSB機器を接続できないことになりますね。まあすぐにハブやドックが登場するでしょうが……。

もっともAppleとしては、WiFiBluetoothによる「ワイヤレスな世界」を構築するのが狙いなのでしょう。いわば有線環境との決別です。その環境は徐々に揃いつつありますが、既存のUSB周辺機器のレガシーをどうするのかがポイントでしょうか。個人的にはサブ機としては「アリ」じゃないかと思います。

さらにUSB-Cポートは、Apple独自規格kのLightningに代わり、今後iOSデバイスにも搭載されるという予測もあります。

Retinaディスプレイ

MacBook Airに先駆けて、このモデルにはRetinaディスプレイが搭載されています。フォントがキレイなのはうれしいですね。また、いまやアスペクト比16:9が主流のなか、このディスプレイのアスペクト比は16:10となっていて、縦方向に長いのもうれしいです。

フォントがキレイなこと、縦方向に余裕があることは、テキスト中心で作業しているユーザー向けと言えるでしょう。

キーボードとトラックパッド

薄型モデルにとって、最もしわ寄せがくるのはキーボードでしょう。いままで以上に制約がキビシイなか、Apple新設計のキーボードをアピールしています。こればかりは使ってみないとわかりませんが、物理的な制約はいかんともしがたいのではないかと懸念しています。個人的には普段はHappy Hacking Keyboardを使っていて、深いキーストロークが好みです。このモデルのキーボードを受け入れられるか一抹の不安はあります。

また、このモデルでは新しいトラックパッドが導入されています。キーノートではForce Touchと呼ばれていましたが、感圧式のトラックパッドのようです。アプリケーションの対応が必要でしょうが、新しいユーザーインターフェースに期待したいと思います。

価格設定

気になるのはやはり価格。本モデルの価格帯は、148,800円からです。円安の影響がモロに出ている印象があり、一見割高に感じるかもしれません。

しかし仕様をよく見ると、本モデルはメモリ8GB、ストレージSSD256GBが標準構成になっています。MacBook Airと比較するときは、メモリやストレージの構成を揃えなくてはいけません。同等の構成では、MacBook Airと比べるてもそれほど高くないことに気が付きます。

それでもCPUスペックなどを考えると若干高いですが、小型軽量であることに付加価値があるとする、一種のプレミアムモデルという位置づけでしょう。

カラーバリエーション

ビックリしましたが「新しいMacBook」には、カラバリがあります。シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色です。iPhoneiPadみたいですね。

キーノートではゴールド推しでしたが、日本でゴールド使っているとかなり目立ちますよね。中国人向けなのでしょうか。発売後、どの色が売れているのあ知りたい。個人的にはスペースグレーが好みです。はやく実物を見たいです。

まとめ

動画を見ただけの印象ですが、キーボードと堅牢さが気になりますが、モバイル用途の「サブ機」としてはアリでしょう。モバイルでは「軽さは正義」ですからね。とくにiPadとキーボードを持ち歩いている人は、このモデルを導入することに一考の価値があるのではないでしょうか。

久しぶりにAppleの尖ったモデルです。第1世代の新製品に手を出すかどうかで信者の信仰心が問われます。ひとりでも多くの信者が特攻してほしいものです。