退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

ThinkPad X1 Carbon (2015) 触ってきた

量販店でThinkPad X1 Carbonを触ってきました。CES 2015で発表されて話題になった新モデルです。これはなんと呼ぶのがよいのか。「2015年モデル」、それとも「3rd Generation」でしょうか。

従来モデルから変更点で目立つのは、キーボード周辺の以下の点です。

  • Adaptiveキーボード(黒歴史!)を廃止し、物理ファンクションキーが復活して6列キーボードに戻る
  • パコッパコッ)トラックパッドが廃止され、トラックポイント、物理クリックキーが復活し、従来のトラックパッドに戻る

原点回帰をいうか、やはり前回の変更は不評だったのでしょう。変更前にわからなかったのかと小一時間問い詰めたい


Think First Look: ThinkPad X1 Carbon - YouTube

店頭で少し触っただけですが、キーボードはノートパソコンにしてはいい感じです。やっぱりノートパソコンはキーボードが重要です。ただし、若干、キートップがツルツルしているところが気になりました。慣れの問題でしょう。

ただ、ThinkPadのせいではありませんが、搭載されていたWindows 8.1 Proがとてもつかいにくい。マカーになってから、そろそろ1年ですがすっかりMacに洗脳されました。とくにWindowsのフォントがイマイチなのに耐えられない体になりました……。

気を取り直して側面のインターフェースをチェックすると、見慣れない端子が2つ。レノボ独自の拡張端子「OneLink」と有線LAN変換アダプター用の端子でした。とくにOneLink用ドックに惹かれるのですが、Appleからも同等のアクセサリがほしいですね。

これまで何台もThinkPadを乗り継いできましたが、昨年ThinkPad X201sが壊れて以来、ノートパソコンを所有していません。すぐに絶対に必要な状況でもありませんが、今後出かけることも多くなりそうなので1台ほしいところです。

しかしThinkPad X1 Carbonは、新製品なのでまだまだ高いので、決算期シーズンまでお預けかな。12インチモデルのThinkPad X250も見たかったのですが、まだ展示がありませんでした。がっかり。また、12インチMacBook Airのリリースのうわさも聞こえてきます。これを含めてしばらく様子見ですね。

【関連記事】

【関連リンク】