退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

野口五郎が歌うカバーアルバムを聞いてみた / GOROとともに生きた昭和

野口五郎が歌謡曲・歌番組・歌謡賞の華やかだった頃の昭和を彩った名曲の数々をカバーするアルバムです。甘いボーカルが聞かせます。

GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~

GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~

セルフカバーの「私鉄沿線」(自らエレキギターを演奏してるのにも注目)も収録されていますが、演歌や女性ボーカルの楽曲に幅広く挑戦していています。注目は布施明とデュエットしている「あずさ2号 」でしょうか。おもしろいアイディアです。また「ジョニィへの伝言」はアコギの弾き語りです。こちらもいい味出してます。

Trk Song
1 また逢う日まで
2 さらば恋人
3 魅せられて
4 甘い生活
5 あなたがいたから僕がいた
6 積木の部屋
7 襟裳岬
8 雨の御堂筋
9 危険なふたり
10 横須賀ストーリー
11 若き獅子たち
12 愛人
13 あずさ2号 featuring 布施明
14 私鉄沿線
15 ジョニィへの伝言 [bonus track]

アレンジはシンセ臭くなく、きちんと生バンドをバックに収録しているのもいいですね。とくにストリングスが素晴らしい。宝塚歌劇団も見習ってほしいです(汗)。

新御三家(いまや知っている人も少ないかも…)の郷ひろみ西城秀樹の楽曲もカバーしているので、オリジナルと聞き比べるのも一興です。

余談ですが新御三家と言えば、私は西城秀樹を屈指のボーカリストと勝手に思っているので、いつか秀樹が歌う昭和歌謡のカバーアルバムも聞いてみたいものです。