退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

『さらば夏の光よ』(1976)

シネマヴェーラ渋谷で「さらば夏の光よ」(1976年、山根成之)を観る。「70年代の青春:鬱屈と混沌と」という上映企画。

遠藤周作の小説の映画化で、郷ひろみの初主演作。吉田喜重監督の「さらば夏の光」とは別の作品。

映画パンフレット 「さらば夏の光よ/青春の構図」 出演 郷ひろみ/秋吉久美子/一氏ゆかり 秋野暢子/岡田奈々/早乙女愛

部屋をシェアして暮らす対照的な少年ふたりがひとりの少女に恋をする。この三角関係を青春の苦さとともに描く。話も演技もそれなりなのだが、アイドル映画にありがちが軽薄さない。ラストはなかなか味があり青春映画の佳作といってもよい。郷ひろみも意外にいいのだが、なにより秋吉久美子のすばらしさよ。非凡なものを感じます。

少年のひとりの野呂が、多浪して早稲田大学法学部に合格するくだりがあるが、受験地獄であった往時の雰囲気が出ている。しかし「浪人生なのに女どころじゃあるまい!」と思ったのは私だけか。

さらば、夏の光よ (講談社文庫)

さらば、夏の光よ (講談社文庫)