退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

『悪魔の部屋』 (1982)

シネマヴェーラ渋谷の《消えゆく曽根中生!?》という企画で「悪魔の部屋」(1982年、曽根中生)を観る。中村れい子主演のにっかつロマンポルノの一作。

悪魔の部屋 [VHS]

悪魔の部屋 [VHS]

ホテル王を義父に持ち裕福に暮らす新妻(中村れい子)が、呪われた出生の秘密を持つ男(ジョニー大倉)による復讐の犠牲になり、ホテルに一室に拉致監禁され徹底的に陵辱される、という話。衝撃のラストが印象的。

舞台がほぼホテルの室内に限定されているため映像の変化に乏しく、演出上の目立った工夫もないので、ひとことで言うとやや退屈な映画である

それでも、中村れい子が圧倒的に美しいことと、ジョニー大倉が好演しているのが救い。通常、にっかつロマンポルノでは複数の女優が登場するが、本作では中村れい子ひとりが、ほとんど出ずっぱり。ファンは瞠目して鑑賞するべし。DVDは出ていないけど……。

余談だが、中村れい子が長いセリフを言うと、どうしても「タモリ倶楽部」のコント「愛のさざなみ」の波子さんを思い出してしまう。あと銀座シネパトスの「誘惑の女優列伝」で、中村れい子様を取り上げてほしい。
f:id:goldensnail:20140915001028j:plain