読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

Kindle for PC、インストールした

PC Kindle

10日、AmazonからKindle for PCがリリースされた(プレスリリース)ので、さっそくインストールしてみた。このソフトウェアの利用には、Amazon.comのアカウントが必要となる。

Kindle Storeでサンプルを取得すると、すぐにKindle for PCに取り込まれて読めるようになる。この「すぐ読める」という使用感は、Kindle端末で電子書籍を購入することの擬似体験でもあり、Kindle端末を買ってみようと思わせる訴求力がある。

今回のリリースはベータ版なので、すべての機能が実装されていないようだが、以下に気づいたことを書く。

  • Kindle端末に搭載されている「読み上げ機能」「辞書機能」は搭載されない。Kindle端末を購入すると、Kindle for PCにこの機能が追加されればおもしろいのだが。
  • テキストの検索機能がない。ライブラリ全体を検索対象にできるといいのだが。
  • 表示テキストのコピーができないので、Jammingなどですぐに辞書をひくことができない。手でタイプしなくてはいけないのか。
  • 手持ちのDRMフリーのファイルをロードすることはできないようだ。あくまでもAmazonのライブラリに特化したソフトウェア。アプリケーションからファイルをオープンする機能はないが、例えばazw形式のファイルは、このアプリケーションと関連付けられるので、ファイルをダブルクリックすると表示することができる。いったんファイルを開くとKindle for PCのライブラリに登録される。Kindle端末としおりなどを共有できるかは不明。
  • カラー表示が可能。絵本などにいいかも。

ああ、Kindleほしくなってきたなあ。