退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

ソドムとゴラム

見始めてすぐ、リチャード・ハリスが出てきたので、まちがったDVDを借りてきたことに気づいた。見たかったのは、ロバート・アルドリッチ監督による同名映画だった…。しかも借りてきたDVDは、下と同じかわからないが、手持ちのプレーヤーではメインメニューの表示ができなかった。

ソドムとゴモラ [DVD]

ソドムとゴモラ [DVD]

この作品はテレビドラマとして製作されたもので、原題は”Abraham”(IMDbへのリンク)である。たしかに、<ソドムとゴラム>のエピソードも登場するが、ほんのわずかだ。しかもしょぼすぎる。邦題を「ソドムとゴラム」とするのはひどい。詐欺同然。退廃した街で肉体派女優が乱舞する画を見たかったのに。

ドラマとしても単調でつまらない。まあ、旧約聖書に特別の思い入れがあれば、また違うのだろうが。リチャード・ハリスの演技だけが見どころか。