退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

『皇帝のいない八月』(1978)

新文芸座で「皇帝のいない八月」(山本薩夫, 1978年)を鑑賞。山本薩夫監督特集の一本。

自衛隊による軍事クーデターにリアリティがどれだけあるかはわからないが、見どころが多く、最後まで楽しく観ることができる。とはいうものの、設定の基本において疑問がある。列車を占拠し乗客を人質にとって、首都に乗り入れるという卑怯な行為で、右翼連中の大儀が立つだろうか。

渡瀬恒彦、三國連太郎渥美清らの芸達者の出演者たちに熱演がすばらしい。だが製作者の意図とは違うかもしれないが、吉永小百合の美貌がこの映画の一番の見どころではないだろうか。この映画には吉永が強姦されるような濡れ場もあるが、せいぜい肩が露出する程度のおとなしいものだ。ま、とにかく吉永の美しさが際立っている一本なので、一度見てほしい。

あと兵器マニアには、大量の64式自動小銃などの自衛隊装備がうれしいかも。

余談だが、映画のラストで高橋悦史の「ウッチェロの勝利の絵ですね」というセリフがある。調べてみると、パオロ・ウッチェロの「サン・ロマーノの戦い」のなかの1枚のようだ(画像)。機会があれば、映画で確認してみたい。

あの頃映画 「皇帝のいない八月」 [DVD]

あの頃映画 「皇帝のいない八月」 [DVD]