退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

強殖装甲ガイバー 25

現時点での最新刊だが見逃していて、ようやく最近読んだ。1月に刊行されていたのに迂闊すぎたぜ。まず表紙の赤いガイバーに目が留まるが、巨獣神(ドラグロード)との闘うために巨大化するとは正直想定外だった…。

それにしても作者の高屋良樹は遅筆である。連載を開始して20年以上経つのに、わずか25巻とは。にもかかわらず一定のファンの支持を受けているのはすごいことではある。この巻でも新たな伏線が敷かれているので、ますます壮大なスケールでストーリーが展開してくのだろう。
既にライフワークとなっているが、是非完結してほしいものだ。

強殖装甲ガイバー 25 (角川コミックス・エース 37-25)

強殖装甲ガイバー 25 (角川コミックス・エース 37-25)