退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

大雪の東京で不思議に思ったこと3つ

今週、東京が大雪に襲われて交通機関などに大きな影響がありました。今回は事前に大雪になると注意喚起されていたにもかかわらず、会社からの帰宅困難者が出るなど、リーマンたちの社畜ぶりが遺憾なく発揮されていました。これは社会構造に起因することでも…

【読書感想】中谷彰宏『孤独が人生を豊かにする』(あさ出版、2017年)

冒頭で「一流の孤独」と「二流の孤独」があるといい、カバーで「一流の孤独を目指そう」と謳います。さらに、一流の孤独の素晴らしさを本一冊を割いて語っていきます。よくネタが尽きないものだと感心します。孤独が人生を豊かにする作者: 中谷彰宏出版社/メ…

【映画感想】『野獣狩り』(1975) / 藤岡弘と伴淳三郎の親子刑事の活躍

《新文芸坐セレクション Vol.4 絶対に観てほしい活劇 電光石火の24本!》で映画『野獣狩り』(1975年、監督:須川栄三)を鑑賞。主演は藤岡弘。併映は『野獣死すべし 復讐のメカニック』だったので藤岡弘主演作の二本立て。本作は”野獣”じゃなくて刑事役。野獣…

【映画感想】『野獣死すべし 復讐のメカニック』(1974) / 藤岡弘版「野獣死すべし」は復讐鬼!

《新文芸坐セレクション Vol.4 絶対に観てほしい活劇 電光石火の24本!》で映画『野獣死すべし 復讐のメカニック』(1974年、監督:須川栄三)を鑑賞。原作は大藪春彦の小説「野獣死すべし 復讐編」。主演は藤岡弘。フィルムが経年変化のために褪色していて残…

「北斎とジャポニスム」展 @国立西洋美術館

上野の国立西洋美術館で開催中の「北斎とジャポニスム」展に行ってきました。すいていそうな時間帯を狙って行きましたが結構混んでました。19世紀後半、日本の美術が、西洋美術に影響を与えて“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでも天才浮世絵師…

【読書感想】新井直之『世界のVIPが指名する 執事の手帳・ノート術』(文響社、2017年)

手帳術やノート術についての本を見つけると、とりあえず手に取ってみます。この本はタイトルの「執事」という言葉に惹かれて読んでみました。世界のVIPが指名する 執事の手帳・ノート術作者: 新井直之出版社/メーカー: 文響社発売日: 2017/11/17メディア: 単…

【映画感想】『資金源強奪』(1975) / 深作欣二監督の痛快アクション映画

《新文芸坐セレクション Vol.4 絶対に観てほしい活劇 電光石火の24本!》で映画『資金源強奪』(1975年、監督:深作欣二)を鑑賞。主演は北大路欣也。深作監督はひらがなで「ふかさくきんじ」名義でテロップされている。資金源強奪 [DVD]出版社/メーカー: TOEI…

【映画感想】『いつかギラギラする日』(1992) / カースタントと萩原健一を愛でるアクション映画

《新文芸坐セレクション Vol.4 絶対に観てほしい活劇 電光石火の24本!》で映画『いつかギラギラする日』(1992年)を鑑賞。深作欣二監督はひさしぶりに撮ったアクション映画。いつかギラギラする日 [DVD]出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2001/06/…

AbemaTVで大相撲中継が始まった!

昨年からスキャンダルで大揺れの大相撲ですが、今年も初場所が始まりました。そのなかでちょっとうれしいニュースがありました。AbemaTVの大相撲中継です。なんと朝から夕方まで、序の口から幕の内までの完全生中継。しかも完全無料。AbemaTV 大相撲LIVEAbem…

「開館一周年記念 めでたい北斎~まるっとまるごと福づくし~」展 @すみだ北斎美術館

すみだ北斎美術館で開催中の「開館一周年記念 めでたい北斎~まるっとまるごと福づくし~」展 に行ってきました。すみだ北斎美術館(後方の高架はJR総武線)浮世絵師の葛飾北斎(1760-1849)は、90年におよぶ長い生涯のほとんどを「すみだ」で過ごし、当時の「…

NHK-BS「ニッポンアニメ100 あけおめ!声優大集合」がすごかった

まだまだ年末年始に録画したテレビ番組を消化中。週末、大みそかの午後11時45分から元日午前4時50分までNHK BSプレミアムで生放送された「「ニッポンアニメ100 あけおめ!声優大集合」を見た。およそ5時間にわたる年越し番組。公式サイトで投票を呼びかけ…

【映画感想】『くちづけ』(1957) / 増村保造の監督デビュー作

角川シネマ新宿の《大映創立75年記念企画 大映優祭》で、映画『くちづけ』(1961年)を鑑賞。増村保造の監督デビュー作。原作は川口松太郎。白黒映画。くちづけ [DVD]出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2016/01/29メディア: DVDこの商品を含むブロ…

iPad 9.7 (2017) はコスパ最高!

Apple Storeの初売りで買ったiPad 9.7 (2017) を1週間ほど使ったので感想を書きます。現在、新品で買えるいちばん安いiPadです。長い間、どのタブレットを買おうか検討して選んだモデルなので、概ね満足しています。初売りでギフトカードをもらったこともあ…

水谷豊主演のドラマスペシャル「無用庵隠居修行」がまずまずだった

年末年始に録画したテレビ番組を消化中。テレビ朝日で放送された水谷豊主演のテレビ時代劇「無用庵隠居修行」を見た。もともとはBS朝日で放送された番組だが、年末に地上波でも放送された。海老沢泰久の短編時代小説の映像化作品。直参旗本の日向半兵衛(水…

コミック「あしたのジョー」を読みました

昨年秋からAbemaTVで配信されていたテレビアニメ「あしたのジョー」を見て、コミックを読み直してみようと思いたち、年末年始を利用して読了しました。あしたのジョー 豪華愛蔵版 コミック 1-16巻セット (第16巻)作者: 高森朝雄出版社/メーカー: 講談社発売…

阪大入試ミスで思ったこと

今週末にセンター試験が迫り、いよいよ受験シーズンの到来だ。そうしたなか2017年2月に実施された大阪大の入試ミスが大きく報じられた。一般入試(前期日程)の物理で出題と採点にミスがあり、本来なら合格していた30人を不合格にしていたという。 国立大と…

【映画感想】『戦争のはらわた』(1977) / 巨匠サム・ペキンパー監督の傑作

新文芸坐の《新春名作劇場 銀幕の戦う男たち》という企画で映画『戦争のはらわた』(1978年、監督:サム・ペキンパー)を鑑賞。DCP上映だったので鮮明な映像を堪能できた。当日の併映作は『コンボイ』でペキンパー監督の2本立て。戦争のはらわた [Blu-ray]出…

【映画感想】『コンボイ』(1978) / アメリカ版「トラック野郎」だけどスケールがちがうぜ!

新文芸坐の《新春名作劇場 銀幕の戦う男たち》という企画で映画『コンボイ』(1978年、監督:サム・ペキンパー)を鑑賞。併映は『戦争のはらわた』だった。正月からペキンパー2本立てとは縁起がいいと言いたいところだが、2本選ぶなら『コンボイ』ではなく、…

iPad 9.7 (2017) がやってきました

Apple Storeの初売りで注文したiPadをリアル店舗で受け取ってきました。入り口で商品を受け取りにきた事を伝えると、レゲエ風のへスタイルのアフリカ系の店員のところに案内されました。さすが国際的です。Apple Walletの画面を見せると、画面をスキャンして…

東郷神社に初詣

近くまで行ったので原宿にある東郷神社に参拝してきました。日露戦争の日本海海戦で知られる東郷平八郎元帥が祀られています。緑の多い落ち着いた雰囲気の手入れの行き届いてて気持ちのよい境内でした。コンパクトなサイズなのも好ましい。近くの竹下通りに…

【映画感想】『女は二度生まれる』(1961) / 天才・川島雄三が大映で撮ったアイドル映画

角川シネマ新宿の《大映創立75年記念企画 大映優祭》で、映画『女は二度生まれる』(1961年、監督:川島雄三)を鑑賞。原作は富田常雄の「小えん日記」。女は二度生まれる [DVD]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2014/01/24メディア: DVDこの商品を含むブログ…

Apple Storeの初売りでIPad 9.7 (2017)を買いました

2日の初売りでIPad 9.7 (2017) Wi-Fiモデルを買いました。現在新品で購入できるいちばん安いiPadです。MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)出版社/メーカー: アップルメディア: Personal Computersこの商品を含むブログを見る例年、Apple…

第68回(2017年)NHK紅白歌合戦:勝手にベスト3

大晦日はダラダラと朝青龍の番組を見ていたので、NHK紅白歌合戦は録画で見ました。ひととおり見たので、以下にオレ的「勝手にベスト3」を挙げます(順不同)。 「Hero」(安室奈美恵) 特別企画での出演。今年9月での引退を発表して大変な騒ぎになりました…

AbemaTV「朝青龍 vs 琴光喜」がよかった

AbemaTVの大晦日特別企画で「朝青龍を押し出したら1000万円」を見た。大相撲第68代横綱として活躍した朝青龍と対戦者8人が賞金1,000万円を懸けて行う相撲対決。朝青龍にとっては八番勝負。「亀田興毅に勝ったら1000万!」に続く、 AbemaTV1000万円企画第2弾…

AppleがiPhone低速化問題で謝罪。格安でバッテリー交換可能に

先日、《「古いiPhoneが遅くなるのは意図的」とAppleが認めた件で思ったこと》という記事を書きましたが、米国で集団訴訟が起こるなか事態が進展しました。japanese.engadget.comAppleが低速化問題について説明不足で謝罪し、併せて対応策を発表したのです。…

【映画感想】『就職戦線異状なし』(1991) / 売り手市場だった就活を題材にした青春グラフィティ

神保町シアターの「私をバブルに連れてって 《バブリー映画特集》」という企画で、映画『就職戦線異状なし』(1991年、監督:金子修介)を鑑賞。新卒採用が空前の売り手市場だった当時の就活を描いた作品。槇原敬之の主題歌「どんなときも。」がヒットした。ち…

【お題】2017年一番良かった映画:スコセッシ監督『沈黙-サイレンス‐ 』

今年の良かった映画をひとつに絞るのむずかしいのですが、スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス‐ 』をベストに推します。沈黙-サイレンス- [Blu-ray]出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント発売日: 2017/08/02メディア: Blu-rayこの商品を含…

漆黒のiMac Pro の実機に触ってきました

Mac

某量販店で最近リリースされたフラグシップモデルiMac Proに触ってきました。先日クリスマスのデコレーションに彩られた銀座に行ったついでに、アップルストア銀座に立ち寄りましたが、まだ実機がありませんでした。がっかりでした。別の日、新宿の某量販店…

【映画感想】『ムーンライト』(2016) / 映像美に注目したいインディペンデント映画

新文芸坐の《シネマ・カーテンコール 2017》という企画で、映画『ムーンライト』(2016年、監督:バリー・ジェンキンス)を鑑賞。第89回アカデミー賞作品賞を受賞して話題になった。貧困、ゲイ、人種問題、ドラッグを扱ったドキュメンタリー風の重たい社会派作…

テレビアニメ『ヨルムンガンド』を見る。「僕は、武器商人と旅をした」とさ。

テレビアニメ『ヨルムンガンド』をAbemaTVで鑑賞。第2期『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』と合わせて全24話。2012年に放送されたガンアクション・アニメ。監督は元永慶太郎。何度見ても飽きないアニメのひとつ。原作は高橋慶太郎のコミックだが未読。世界的…