読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【読書感想】石井貴士『キンドル・アンリミテッドの衝撃』(講談社、2016年)

「キンドル・アンリミテッド」(Kindle Unlimited)とは、月額980円でコミックやビジネス書、小説などの電子書籍が読み放題になるというAmazonが2016年8月に始めたサービス。このサービスが出版業界や社会に与える影響について知りたいと思い本書を手に取った…

「アマゾン読み放題炎上」で思ったこと

講談社が10月3日に、アマゾン社が8月3日にスタートした電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」において、配信していた1000タイトル以上の書籍や雑誌すべてが一方的に削除されたことを発表した。私がこの騒ぎを知ったのは、以下の「ねとらぼ」の…

電子書籍定額読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」始まる

今年6月、Amazonの電子書籍定額読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」を8月にも日本でも開始する見込みだとする報道がありました。このニュース通り、8月3日に日本で「Kindle Unlimited」のサービスが始まりました。月額980円(…

Amazon、読み放題サービス8月開始か!?

アマゾンジャパンが電子書籍定額読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」を、8月にも日本で開始することが複数出版社への取材で明らかになった、とメディア各社が、伝えています。www.bunkanews.jpちなみに米国ではこの「Kindle …

米アマゾンの電子書籍読み放題サービス「Kinde Unlimited」どうかな?

米アマゾンが月10ドルで電子書籍が読み放題になる新サービス「Kindle Unlimited」を開始しました。対象となるのは電子書籍60万タイトルとオーディオブック数千タイトルです。 「Kindle Unlimited」どうよ? 消費者から見れば、いくら月10ドルと言っても、ど…

スティーブン・ウィンドウォーカー『Kindle解体新書』

KINDLE解体新書作者: スティーブン・ウィンドウォーカー,日経BP社出版局,倉骨彰出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2010/05/20メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 74回この商品を含むブログ (25件) を見る書店で見かけたが高いので、けっきょく原書のKindle…

Kindle Software Version 2.5 が降ってきた

先日発表された Kindle Software Version 2.5 が私のキンドル端末にもようやく配信されて、無事 Version 2.5.3にアップデートされました。さっそく、PDFファイルの拡大機能やCollectionを呼ばれるフォルダ機能を試しています。PDFファイルの拡大機能は、やは…

Kindle for PC 1.1.1にアップグレードした

Kindle Software Update Version 2.5が発表されたが、ちっとも降ってこない。もうちょっと待ってみるが、今回は“Kindle for PC”をアップグレードした。いつのまにかアップグレードされていたが、米アマゾンはダイレクトメールを送ってくるなら、ちゃんと更新…

Kindle Software Update Version 2.5 のリリースが発表された

キンドル(Kindle)のファームウェアのアップデートが発表された。一般ユーザへの提供は5月末が予定されている。詳細はこちら。今回バージョン2.5となるが、追加機能のなかで期待しているのは次のふたつである。 Collections: Organize your books and docume…

米国大統領経済報告がKindle形式で公開

米国大統領経済報告(Economic Report of the President)の2010年版が、PDF形式に加えてKindle形式やePub形式でも公開されている。これは米国でいよいよ電子ブックリーダーが市民権を得つつあるということだろうか。さっそく手元のキンドルで試してみた。ダ…

Instapaperをキンドルで読む

ウェブを「あとで読む」でおなじみのウェブサービスInstapaperでは、チェックしておいたコンテンツを、キンドルがサポートするmobiファイル形式で出力できる。このことは以前より知っていたが、今回実際に試してみたら、なかなか便利だ。 使い方は簡単。あと…

キンドルの辞書事情

キンドル(Kindle 2)には、The New Oxford American Dictionary が内蔵されていて、読書中に調べたい単語の先頭にカーソルを合われるだけで、この辞書を引くことができる。 この機能はとても便利なのだが、辞書自体がもうひとつしっくりこない。ネイティブ向…

キンドルで青空文庫を読む、しっかり縦書き

青空文庫のテキストを、キンドル(Kindle 2)で読むのに最適化されたPDFに変換してくれる「青空キンドル」というWebサービスを試してみた。すばらしい! 先日、キンドルのファームウェアがアップデートされてPDFがサポートされたが、ズームができなくてガッカ…

キンドルのファームウェアを更新する

キンドル(Kindle)が届いてから、すぐにファームウェア更新(バージョン2.3)の発表があった。自動で更新されるというので、そのまま待っていたが、一向に更新される気配がない。ネットをみると日本のユーザが無視されているわけではないようだが、なぜかいつま…

キンドル届いた

先日注文したキンドル(Kindle2)がようやく届く。ふだんアマゾンからの買い物は、コンビニで受取ることにしているが、今回はアメリカからの発送なので直接自宅に届く。しかし留守にしていたので不在票がポストに残っていた。さっそくUPSの窓口に連絡する。…

キンドル注文した

国際版の発表以来、買うかどうか悩んでいたアマゾンの電子書籍リーダー・キンドル(Kindle)をついに注文した。ブログなどを見ると、いきおいで注文した人も結構いたが、私には衝動買いするほど安い買い物ではないので、いろいろ検討してようやく決心した。本…

Kindle Storeで漱石が買える!

このサイトを見て、Kindle Storeで日本語書籍が買えるというので検索すると、夏目漱石『夢十夜』を見つけた。英訳版ではなく日本語。私はまだキンドル端末は買うかどうか考慮中なので、Kindle for PCにサンプルをダウンロードして閲覧する。一応、下のように…

Kindle for PC、インストールした

10日、AmazonからKindle for PCがリリースされた(プレスリリース)ので、さっそくインストールしてみた。このソフトウェアの利用には、Amazon.comのアカウントが必要となる。Kindle Storeでサンプルを取得すると、すぐにKindle for PCに取り込まれて読める…

Kindleが日本でも買えるようになった

米Amazon.comは、電子ブックリーダー「Kindle」の国際版(U.S. & International)を世界100カ国以上で販売することを発表した(ニュースリース)。すでに予約を受け付けていて、集荷は10月19日から。もちろん日本からも買える。この世界展開により、日本でも裏ワ…