退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

時代劇

【映画感想】『赤穂浪士』(1961) / 東映オールスター・キャストによる忠臣蔵

〈討ち入り〉の時季なのか「忠臣蔵」が何本かテレビで放送されていた。そのなかから映画『赤穂浪士』(1961年、監督:松田定次)を鑑賞した。赤穂浪士 [DVD]出版社/メーカー: 東映ビデオ発売日: 2003/12/05メディア: DVD クリック: 43回この商品を含むブログ …

田村正和主演のテレビ時代劇『忠臣蔵〜その男、大石内蔵助』(2010)を見た

最近あまり人気がないようだがかつては忠臣蔵をテーマにしたドラマが数多くつくられた。テレビ朝日で2010年に放送された『忠臣蔵〜その男、大石内蔵助』もそのなかの比較的新しい一本。ひねりのないオーソドックスな忠臣蔵だった。主演の大石内蔵助を田村正…

萬屋錦之介主演のテレビ時代劇『柳生新陰流』(1982)が放送中

BSジャパンで萬屋錦之介主演『それからの武蔵』(1981年)が終了した後を受けて、今週からの同じく錦之介主演の『柳生新陰流』(1982年、全13回)が放送されています。ちなみに中村プロダクションが倒産したため、本作品が放送時期では中村プロダクション制作の…

萬屋錦之介主演のテレビ時代劇『それからの武蔵』(1981)が終了!

BSジャパンで午前中の帯で放送されていた萬屋錦之介主演の『それからの武蔵』(1981年、全13回)が終了しました。巌流島の決闘の後から晩年の武蔵を描いたドラマでしたが、予想どおりかなり地味でした。宮本武蔵を取り上げた映像化作品の多くが巌流島で終わる…

萬屋錦之介主演のテレビ時代劇『それからの武蔵』(1981)が放送中

BSジャパンで市川團十郎版『宮本武蔵』(1975年)が終了した後、今週から萬屋錦之介主演の『それからの武蔵』(1981年、全13回)が放送されています。巌流島の決闘後から晩年の武蔵が描かれます。それからの武蔵 DVD-BOX出版社/メーカー: エスピーオー発売日: 20…

市川團十郎主演のテレビ時代劇『宮本武蔵』(1975)が終了。最終回が残念だった件

BSジャパンの昼帯で放送されていたテレビ時代劇『宮本武蔵』(1975年、全26話)の放送が終了しました。12代目市川團十郎(当時:市川海老蔵)が武蔵を演じたテレビ時代劇です。録画を見たら最終話「巌流島・慶長17年4月13日」の録画が悲惨ことになっていまし…

大型時代劇スペシャル「愛に燃える戦国の女-豊臣家の人々より-」がよかった

週末BS-TBSで放送された大型時代劇スペシャル「愛に燃える戦国の女-豊臣家の人々より-」を鑑賞。宇喜多秀家の母・おふくを主人公として、彼女の数奇な半生を描くテレビ時代劇。1988年にTBSで放送された。プロデューサーは石井ふく子、主演は三田佳子。司馬…

【映画感想】『真田風雲録』(1963) / 早すぎたミュージカル時代劇映画

新文芸坐の《生誕100年・加藤泰》で映画『真田風雲録』(1963年)を鑑賞。今年は大河ドラマ『真田丸』により真田幸村に注目が集まっているが、この映画は大坂の陣の真田十勇士を題材にしたミュージカル仕立ての異色の時代劇映画。これまで見たなかでもかなりヘ…

BS時代劇「妻は、くノ一」がよかった

アンコール放送されていたBS時代劇「妻は、くノ一」(全8回)を見終わりました。瀧本美織×市川染五郎によるテレビ時代劇です。風野真知雄の時代小説が原作。初回放送は2013年4月でしたが今回が初見でした。妻は、くノ一 Blu-ray BOX出版社/メーカー: NHKエン…

【映画感想】『赤穂城断絶』(1978) / 意外にフツーだった深作欣二監督の忠臣蔵

DVDを借りて映画『赤穂城断絶』(1978年、監督:深作欣二)を鑑賞する。映画『柳生一族の陰謀』(1978年)の大ヒットを受けて、 深作欣二と萬屋錦之介の組み合わせで忠臣蔵を題材として製作された作品である。赤穂城断絶 [DVD]出版社/メーカー: 東映ビデオ発売日…

市川團十郎主演のテレビ時代劇『宮本武蔵』(1975)放送中!

BSジャパンでテレビ時代劇『宮本武蔵』(1975年、全26話)の放送が始まりました。平日朝の帯で放送中です。宮本武蔵を演じているのは12代目市川團十郎(当時:市川海老蔵)です。團十郎の若い頃の勇姿を堪能できます。カッコいい。若い人は小林麻央の夫であ…

【映画感想】『魔界転生』(2003) / 前作より映像技術の進歩は感じられるが……

新文芸坐で開催中の《平山秀幸映画屋〈カツドウヤ〉街道40年記念祭り》で映画『魔界転生』(2003年、監督:平山秀幸)を鑑賞。原作は山田風太郎の伝奇小説。魔界転生 [DVD]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)発売日: 2016/03/09メディア: DVDこの商品…

【映画感想】『十一人の侍』(1964) / 『十三人の刺客』の二番煎じ

《新文芸坐セレクション 絶対に観てほしい時代劇 新文芸坐が自信を持ってお贈りする問答無用の20本!》で、映画『十一人の侍』(1967年、監督:工藤栄一)を鑑賞。映画『十三人の刺客』(1963年)で確立された「集団抗争時代劇」という新ジャンルに分類される一…

【映画感想】『大殺陣』(1964) / 甲府宰相怪死事件を題材をとった「集団抗争時代劇」

《新文芸坐セレクション 絶対に観てほしい時代劇 新文芸坐が自信を持ってお贈りする問答無用の20本!》で、映画『大殺陣(だいさつじん)』(1964年、監督:工藤栄一)を鑑賞。映画『十三人の刺客』(1963年)で確立された「集団抗争時代劇」という新ジャンルの…

Huluで大河ドラマ『春日局』見ています

連休中、Huluで配信が始まった大河ドラマ『春日局』(全50回)を見始めました。1989年にNHKで放送された大河ドラマ。橋田壽賀子の脚本が冴えています。大原麗子主演 大河ドラマ 春日局 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚セット【NHKスクエア限定商品】出版社/メー…

【映画感想】『忍者武芸帖 百地三太夫』(1980) / 真田広之の初主演映画

シネマヴェーラ渋谷の《鈴木則文復活祭》で映画『忍者武芸帖 百地三太夫』(1980年、監督:鈴木則文)を鑑賞。ジャパンアクションクラブ(JAC)総出演の時代劇アクション映画。忍者武芸帖 百地三太夫 [DVD]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)発売日: 2…

【映画感想】『殿、利息でござる!』(2016) / 分かりにくい地味すぎる時代劇

新文芸坐で映画『殿、利息でござる!』(2016年、監督:中村義洋)を鑑賞。原作は 磯田道史「穀田屋十三郎」(『無私の日本人』所収)で、実話に基づく。いわゆる「いい話」である。殿、利息でござる! [Blu-ray]出版社/メーカー: 松竹発売日: 2016/10/05メディ…

BSフジのテレビ時代劇「座頭市シリーズ」終わりました

今年春からBSフジで放送されていた勝新太郎主演のテレビ時代劇「座頭市シリーズ」(全100話)がついに全話終了しました。内訳は下記のとおりです。 タイトル 放送時期 話数 座頭市物語 1974年10月 - 1975年4月 全26話 新・座頭市(第1シリーズ) 1976年10月 …

土曜時代劇「一路」見ました

NHKの土曜時代劇「一路」(全9話)を見終わった。浅田次郎の時代小説の映像化作品。参勤交代の差配を任された若輩・小野寺一路(永山絢斗)の奮戦ぶりを描く。古式ゆかしい行列仕立て、中山道を江戸に向かうロードムービー。一路(上) (中公文庫)作者: 浅田…

大型時代劇スペシャル『徳川家康』(1988)の松方弘樹がよかった

BS-TBSで放映された大型時代劇スペシャル『徳川家康』を鑑賞。1988年元日にTBSで放送された時代劇ドラマ。制作は東映で降旗康男が監督を務めている。主演は松方弘樹。徳川家康 [DVD]出版社/メーカー: TBS発売日: 2004/10/22メディア: DVD クリック: 8回この…

【映画感想】『斬る』(1968) / 痛快時代劇は岡本喜八監督の真骨頂

新文芸坐の《映画本格デビュー60周年 祝・文化勲章受章 第三回 仲代達矢映画祭》で映画『斬る』(1968年、監督:岡本喜八)を鑑賞。山本周五郎の『砦山の十七日』を原案にしている。斬る 【東宝DVDシネマファンクラブ】出版社/メーカー: 東宝発売日: 2014/11/1…

【映画感想】『大菩薩峠』(1966) / 千恵蔵でもなく雷蔵でもなく仲代達矢。ラストは基地外に刃物!

新文芸坐の《映画本格デビュー60周年 祝・文化勲章受章 第三回 仲代達矢映画祭》で映画『大菩薩峠』(1966年、監督:岡本喜八)を鑑賞。大菩薩峠[東宝DVD名作セレクション]出版社/メーカー: 東宝発売日: 2015/02/18メディア: DVDこの商品を含むブログを見る中…

【映画感想】『股旅』(1973) / 市川崑監督の異色の青春群像劇

シネマヴェーラ渋谷の《開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち》の【斎藤工セレクション】で映画『股旅』(1966年、監督;市川崑)を鑑賞。谷川俊太郎がシナリオに参加してことにも注目したい。股旅 [DVD]出版社/メーカー: ジェネオン エン…

テレビ時代劇『新・座頭市』に突入しました

以前、BSフジで勝新太郎主演「座頭市」の初のテレビ作品『座頭市物語』(1974-75年)が放送されていることをお伝えしましたが、さきほど全26回の放送が無事終了しました。テレビ時代劇としては出色の作品です。この『座頭市物語』に引き続き、続編の『新・座…

【映画感想】『柘榴坂の仇討』(2014) / サムライの終焉を描く「桜田門外の変」の後日譚

Huluで映画『柘榴坂の仇討』(2014年、監督:若松節朗)を鑑賞。浅田次郎の短編の映画化作品。柘榴坂の仇討 [Blu-ray]出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2015/04/03メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見る桜田門外の変(1860年)で大老…

【映画感想】『風林火山』(1969) / 三船敏郎が演じる軍師・山本勘助

新文芸坐の《脚本家・橋本忍 執念の世界》で、映画『風林火山』(1969年、監督:稲垣浩)を鑑賞。原作は井上靖の同名小説。上映時間165分の長尺作品で途中休憩があり。併映作品はなく一本のみの上映だった。風林火山[東宝DVD名作セレクション]出版社/メーカー…

勝新太郎主演のテレビ時代劇『座頭市物語』放送中

勝新太郎主演により日本映画の黄金期に一世風靡した「座頭市」の初のテレビ作品『座頭市物語』がBSフジで放送されているので紹介します。時代劇ファン必見です。座頭市物語 DVD-BOX出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック発売日: 2007/01/17メディア: DV…

【映画感想】『黒田騒動』(1956) / 福岡藩のお家騒動を映画化

新文芸坐の《日本映画の未踏の頂 巨匠・内田吐夢のダイナズム》で映画『黒田騒動』(1956年)を鑑賞。片岡千恵蔵が大膳を演じたいということで映画化されたとか。初見。三大お家騒動のひとつされる福岡藩「黒田騒動」を題材に取った東映時代劇。千恵蔵が演じる…

【映画感想】『血槍富士』(1955) / 封建主義の不条理を描く時代劇映画の傑作

新文芸坐の《日本映画の未踏の頂 巨匠・内田吐夢のダイナズム》で映画『血槍富士』(1955年)を鑑賞。内田監督復帰第一作。主演は片岡千恵蔵。 血槍富士 [DVD]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)発売日: 2014/07/11メディア: DVDこの商品を含むブログ…

テレビドラマ「信長協奏曲」の再放送が面白かった

「信長協奏曲」は石井あゆみのコミック。高校生サブローが戦国時代にタイムスリップして織田信長として生きていくことになる時代劇です。信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)作者: 石井あゆみ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2009/11/12メディア:…