退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

時代劇

【映画感想】『宮本武蔵』(1973) / 高橋英樹主演は悪くないがダイジェストすぎる

DVDで映画『宮本武蔵』(1973年、監督:加藤泰)を鑑賞。吉川英治の時代小説の映像化。主演は高橋英樹。あの頃映画松竹ブルーレイコレクション 宮本武蔵 第一部 関ヶ原より一乗寺下り松/第二部 柳生の里より巌流島[Blu-ray]出版社/メーカー: 松竹発売日: 2016…

【映画感想】『仇討』(1964) / ラストの鬼気迫る錦之助に刮目!

新文芸坐の《日本映画の黄金時代を書いた男 追悼・橋本忍》で映画『仇討』(1964年、監督:今村正)を鑑賞。橋本忍のオリジナル脚本で封建時代の武士社会の不条理を描く。白黒映画。仇討 [VHS]出版社/メーカー: 東映ビデオ発売日: 1995/10/21メディア: VHSこ…

【映画感想】『本能寺ホテル』(2017) / 綾瀬はるかが戦国時代にタイムスリップするSF映画

DVDで映画『本能寺ホテル』(2017年、監督:鈴木雅之)を鑑賞。ヒロイン・綾瀬はるかが、本能寺の変の前日にタイムスリップして織田信長に出会うSF映画。タイトルはなかなか上手い。本能寺ホテル Blu-rayスタンダード・エディション出版社/メーカー: ポニーキ…

【映画感想】『赤い陣羽織』(1958) / 歌舞伎座製作の民話仕立ての喜劇

シネマヴェーラ渋谷の《女優 有馬稲子》 で映画『赤い陣羽織』(1958年、監督:山本薩夫)を鑑賞。原作は木下順二による戯曲。中村勘三郎の映画初出演作。タイトルにある「赤い」を活かすためか、カラーの松竹グランドスコープで撮られた。今回は併映の『はだ…

【映画感想】『三匹の侍』(1964) / 五社英雄の映画監督デビュー作

映画『三匹の侍』(1964年)を鑑賞。1963年から1969年までフジテレビ系列で放送された人気テレビ時代劇の映画化。テレビ版も演出した五社英雄の劇場映画デビュー作。白黒映画。あの頃映画 「三匹の侍」 [DVD]出版社/メーカー: 松竹発売日: 2012/12/21メディア:…

【映画感想】『手討』(1963) / 市川雷蔵主演の格調高い悲恋物語

角川シネマ新宿の《大映創立75年記念企画 大映男優祭》で、映画『手討』(1963年、田中徳三監督)を鑑賞。「番町皿屋敷」を大胆に脚色して悲恋物語として映画化。原作は岡本綺堂。主演は市川雷蔵。手討 [DVD]出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2014…

【映画感想】『信長協奏曲』(2016) / テレビドラマの完結編だが予想以上によかった

Amazonプライム・ビデオで映画『信長協奏曲』(2016年、松山博昭監督)を鑑賞しました。「のぶながコンツェルト」と読みます。フジテレビ系で放送されたテレビドラマ『信長協奏曲』(2014年)の完結編。主演は小栗旬。石井あゆみのコミックの実写映像化ですが、…

【映画感想】『雑兵物語』(1963) / 藤村志保の可憐さに注目

神保町シアターの《東西対決! 輝ける〈大映〉男優の世界》で、映画『雑兵物語』(1963年、池広一夫監督)を鑑賞。 勝新太郎主演。清水崑の原作漫画を、脚本家・小國英雄が脚色したスラップスティック。脚本が冴えている。戦国時代の農村に徴兵の命が下り、村…

【映画感想】『いのち ぼうにふろう』(1971) / 夜の大捕り物の提灯は必見

新文芸坐の《日本映画 匠の技Vol.4 白黒映画の美学 日本映画黄金時代に到達した、光と影の極みを堪能する11日間》という企画で映画『いのち ぼうにふろう』(1971年、小林正樹監督)鑑賞。山本周五郎の短編小説『深川安楽亭』の映画化。主演は仲代達矢。撮影の…

里見浩太朗主演の時代劇スペシャル「田原坂」で見る西郷隆盛の半生

まだまだ年末年始に録画したテレビ番組を消化中。週末、年始に放送されていた時代劇スペシャル「田原坂」を見た。西郷隆盛の半生を描いた作品。1987年に日本テレビで放送された日本テレビ年末時代劇スペシャル。「忠臣蔵」「白虎隊」に続く第3弾。田原坂 [DV…

水谷豊主演のドラマスペシャル「無用庵隠居修行」がまずまずだった

年末年始に録画したテレビ番組を消化中。テレビ朝日で放送された水谷豊主演のテレビ時代劇「無用庵隠居修行」を見た。もともとはBS朝日で放送された番組だが、年末に地上波でも放送された。海老沢泰久の短編時代小説の映像化作品。直参旗本の日向半兵衛(水…

武田鉄矢版「水戸黄門」を1話だけ見ました

週末、BS-TBSで放送されているテレビ時代劇「水戸黄門」を1話だけ見ました。野々すみ花が出るというので、先月放送された第3話を録画したものです。野々は病身の旅籠の女将役でした。相変わらずきれいです。本作は、かつて「ナショナル劇場」で一世を風靡し…

【映画感想】『小川の辺』(2011) / 現代では貴重な時代劇俳優・東山紀之を愛でる映画

DVDで映画『小川の辺』(2011年、監督:篠原哲雄)を鑑賞。藤沢周平の短編小説が原作。架空の藩「海坂藩」を舞台にした時代劇映画。小川の辺 [DVD]出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2012/01/13メディア: DVD クリック: 14回この商品を含むブログ (1…

【映画感想】『関ヶ原』(2017) / 原田眞人監督らしい大作だけど駆け足すぎるかも

近くのシネコンで映画『関ヶ原』(2017年、監督:原田眞人)を見てきた。司馬遼太郎の歴史小説『関ヶ原』が原作。150分の長尺だが天下分け目の戦いを駆け足で走り抜ける爽快感がある。大スクリーンで見る合戦シーンに大満足。この映画は歴史的背景を極力省いて…

【映画感想】『沖田総司』(1974) / 草刈正雄みたいに濃い顔の沖田総司はいねえよ…

東京国立近代美術館フィルムセンターの《特集・逝ける映画人を偲んで 2015-2016》で映画『沖田総司』(1974年、監督:出目昌伸)を鑑賞。俳優としては駆け出しの草刈正雄が沖田総司に扮した異色時代劇。沖田総司 [DVD]出版社/メーカー: 東宝発売日: 2004/12/…

【映画感想】『忍者秘帖 梟の城』(1963) / 工藤栄一監督のスタイリッシュな忍者映画

DVDで映画『忍者秘帖 梟の城』(1963年、監督:工藤栄一)を鑑賞。司馬遼太郎の直木賞受賞作『梟の城』の映像化作品。主演は大友柳太朗。ちなみに1999年に篠田正浩監督により再び映像化されている。忍者秘帖 梟の城 [DVD]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(…

【映画感想】『千利休 本覺坊遺文』(1989) / 映像美は素晴らしいが三船が利休なのは謎

新文芸坐の《没後10年 巨匠・熊井啓》という熊井啓監督特集で映画『千利休 本覺坊遺文』(1989年)を鑑賞。井上靖晩年の小説『本覺坊遺文』の映画化作品。製作は西友でセゾン文化の残滓が感じられる。千利休 本覺坊遺文 [DVD]出版社/メーカー: 角川書店発売日:…

テレビ時代劇『十三人の刺客』を見た(仲代達矢 vs 夏八木勲)

GW中、tvkで放送されたテレビ時代劇「十三人の刺客」を見た。1990年にフジテレビで「時代劇スペシャル」として放送された作品。「十三人の刺客」がテレビ時代劇でリメイクされたのは知っていたが、実際に見たのは初めてだった。十三人の刺客 [VHS]出版社/メ…

三船敏郎主演、テレビ時代劇『大忠臣蔵』 (1971年)を1年間堪能しました

テレ玉で再放送されていた『大忠臣蔵』が最終回を迎えました。このテレビドラマは、三船プロダクションで企画製作され、1971年にNETテレビで放送されました。大忠臣蔵 上巻 [DVD]出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2007/10/10メディア: DVD クリック: …

【映画感想】『十三人の刺客』(2010) / 三池崇史監督による時代劇アクション巨編

新文芸坐の松方弘樹追悼企画《「無冠の男 松方弘樹伝」刊行記念 追悼 松方弘樹 演じた! 作った! 撮った! 映画をこよなく愛した最後のスター》で、『十三人の刺客』(2010年、監督:三池崇史)を鑑賞。工藤栄一による集団時代劇の名作『十三人の刺客』(1963年)…

「快傑ライオン丸」との再会

週末、ニコ生で配信された『快傑ライオン丸』(1972-73)の冒頭2話を見た。ピー・プロダクション製作の伝説の特撮時代劇。『仮面ライダー』のヒットを横目で見ての企画だったと思うが、いま見てもなかなか面白い。快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボッ…

【映画感想】『眠狂四郎 卍斬り』(1969) / 松方弘樹版「眠狂四郎」第2作

新文芸坐の松方弘樹追悼企画《「無冠の男 松方弘樹伝」刊行記念 追悼 松方弘樹 演じた! 作った! 撮った! 映画をこよなく愛した最後のスター》で、『眠狂四郎 卍斬り』(1969年、監督:池広一夫)を鑑賞。大映映画。眠狂四郎 卍斬り [DVD]出版社/メーカー: KADO…

【映画感想】『眠狂四郎 円月殺法』(1969) / 松方弘樹版「眠狂四郎」第1作

新文芸坐の松方弘樹追悼企画《「無冠の男 松方弘樹伝」刊行記念 追悼 松方弘樹 演じた! 作った! 撮った! 映画をこよなく愛した最後のスター》で、『眠狂四郎 円月殺法』(1969年、監督:森一生)を鑑賞。大映映画。眠狂四郎 円月殺法 [DVD]出版社/メーカー: KA…

1989年の大河ドラマ『春日局』:橋田壽賀子の脚本が素晴らしい

昨年秋からHuluで見始めた大河ドラマ『春日局』(全50回)を見終わりました。1989年にNHKで放送された大河ドラマ。橋田壽賀子の脚本が素晴らしい。大河ドラマ 春日局 完全版 第壱集 [DVD]出版社/メーカー: NHKエンタープライズ発売日: 2015/09/25メディア: D…

ニコ生のテレビ時代劇「座頭市シリーズ」配信打ち切り!

ニコ生で配信されていたテレビ時代劇「座頭市シリーズ」が19日をもって配信終了となりました。悲しい。座頭市のテレビシリーズは、勝新太郎主演により日本映画の黄金期に一世風靡した「座頭市」の初のテレビ作品であり計100話作られました。ニコ生では週末に…

時代劇ドラマ「巌流島 小次郎と武蔵」がよかった!

NHK正月時代劇「巌流島 小次郎と武蔵」(1992年)を鑑賞する。巌流島の決闘をテーマにした時代劇だが、タイトルで小次郎が前に置かれていることからもわかるように、珍しく佐々木小次郎を主役に据えていて、吉川版武蔵とは異なる、ジェームス三木の脚本による…

【映画感想】『座頭市御用旅』(1972) / 森繁久彌、三國連太郎を迎えた豪華な座頭市

新文芸坐の《1997年に亡くなった三大映画スター 没後20年 三船敏郎・勝新太郎・中村錦之助》という企画で、映画『座頭市御用旅』(1972年、監督:森一生)を鑑賞。“座頭市”シリーズ第23作。座頭市 御用旅 [DVD]出版社/メーカー: 東宝発売日: 2010/05/28メディ…

【映画感想】『新座頭市物語 折れた杖』(1972) / 独特の演出が際立つ勝新監督作品

新文芸坐の《1997年に亡くなった三大映画スター 没後20年 三船敏郎・勝新太郎・中村錦之助》という企画で、映画『新座頭市物語 折れた杖』(1972年)を鑑賞。『顔役』に続く勝新太郎監督第2作。“座頭市”シリーズ第24作。新座頭市物語 折れた杖 [東宝DVDシネマ…

テレビ時代劇『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』を見終わりました

昨年の9月からNHK総合「土曜時代劇」で放送されていた『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』(全20話)を見終わりました。原作は諸田玲子の歴史小説『四十八人目の忠臣』です。主演は時代劇初挑戦の武井咲。タイトルから想像できるように、女性の主人公が赤穂事…

ニコ生でテレビ時代劇「座頭市物語」配信中!

現在、ニコ生の時代劇専門チャンネルでテレビ時代劇「座頭市物語」が、週末4話ずつ配信されています。これは勝新太郎主演により日本映画の黄金期に一世風靡した「座頭市」の初のテレビ作品です。以下のようにテレビシリーズは全100話作られました。 タイトル…