読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

図書館三題

図書館のヘビーユーザーである私が、最近図書館でのちょっと面白いと思ったこと3つ紹介します。 「いらっしゃいませ」て言われた 今週、図書館のカウンターで「いらっしゃいませ」と言われました。これまでに言われたことないフレーズなので驚きました。そ…

文京区立図書館の「区民優先制度」導入が決まる

文京区立図書館で来年4月から「区民優先制度」が導入されるそうです。紙ペラをもらってきました。ざっくり言うと変更点は次の2点。いずれも区民(在勤・在学者を含む)を優先する内容です。 区民は区民以外より貸出点数・予約点数の上限が多くなる 区民以外…

Amazon、読み放題サービス8月開始か!?

アマゾンジャパンが電子書籍定額読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」を、8月にも日本で開始することが複数出版社への取材で明らかになった、とメディア各社が、伝えています。www.bunkanews.jpちなみに米国ではこの「Kindle …

『新潮45』(2月号)の巻頭特集で考える図書館の無料貸本屋化の問題

新潮社の月刊誌『新潮45』(2015年 02月号)の特集が、「『出版文化』こそ国の根幹である」だった。「出版社が自分で言うなよ」と言いたくなるが読んでみた。新潮45 2015年 02月号 [雑誌]作者: 中瀬ゆかり出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/01/19メディア: …

寺田ヒロオ「カーブくん ドロップくん」との再会 @豊島区立中央図書館

先日、市川準監督の映画『トキワ荘の青春』(1996年)を見た。この映画は、本木雅弘が演じる漫画家・寺田ヒロオを主人公にした、著名な漫画家たちが住んでいたことで知られるトキワ荘を舞台にした青春映画。そのとき私と寺田ヒロオとは接点はなさそうだと思っ…

『声優グランプリ』が創刊20周年!通巻200号!

図書館の雑誌コーナーで手にした雑誌『声優グランプリ』(2014年12月号)がずっしり重い。創刊20周年記念の特大号だった。創刊は1994年。創刊20周年で通巻200号というのは計算が合わないが、季刊誌から始まって後に月刊誌になったようだ。アニメが80年代には既…

米アマゾンの電子書籍読み放題サービス「Kinde Unlimited」どうかな?

米アマゾンが月10ドルで電子書籍が読み放題になる新サービス「Kindle Unlimited」を開始しました。対象となるのは電子書籍60万タイトルとオーディオブック数千タイトルです。 「Kindle Unlimited」どうよ? 消費者から見れば、いくら月10ドルと言っても、ど…

図書館のセルフレジ化システムが破綻していた!

以前、「図書館がセルフレジ化していた!」という記事で図書館の新しい貸出システムを紹介した。これは予約図書を専用書架から自分で探して自動貸出機で貸出処理をするいうしくみである。最近、このシステムを導入した図書館に予約した資料を受け取りに行く…

図書館でFelicaが使えるようになった!

1月に「図書館がセルフレジ化していた!」で紹介した中央区立図書館に行くと、従来のバーコードリーダに並んでFelicaリーダが設置されていました。図書館がセルフレジ化していた! - 退屈な日々 / Der graue Alltag何に使うのだろう思いましたが、Felicaを利…

図書館がセルフレジ化していた!

図書館のシステム更新のため3週間あまり休館していた中央区立図書館が、年明けから再開されたので予約した図書を受け取りに行ってきた。着いてびっくり「あ、貸出しカウンターがない!」。RFIDタグを活用したシステムを導入して、自動貸出機で貸出処理を行う…