退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

イベント

ブリューゲル「バベルの塔」展 @東京都美術館

上野の東京都美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を見てきました。会期終了直前だったせいか会場内はかなり混雑していまいた。いつもながらどこから集まってくるのやら……。もちろん目当ては、ピーテル・ブリューゲル1世(Pieter Bruegel the Elder,…

大エルミタージュ展 @森アーツセンターギャラリー

会期が押し迫ってきたなか、先日、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)で開催中の「大エルミタージュ展」に行ってきました。エルミタージュ美術館は、かつて帝政ロシアの都だったサンクトペテルブルクにあり、エカテリーナ2世(1729-1796)が取得した…

ミュシャ展 @国立新美術館

先日、国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」を見てきました。アルフォンス・ミュシャ (Alfons Maria Mucha, 1860-1939)は、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人。彼の晩年の作品《スラヴ叙事詩》が今回の展示会の目玉です。オーストリア領モラヴィア…

ティツィアーノ展 @東京都美術館

会期ぎりぎりで東京都美術館で開催中の「ティツィアーノとヴェネツィア派」展に行ってきました。昨年から都内では日伊国交樹立150年を記念したイタリア美術の展覧会が数多く開催されてきましたが、本展がラストになるでしょうか。展示室の入り口にヴェネツィ…

羽田空港の飛行経路見直し!?

先日「羽田空港の機能強化について」という説明会を見てきました。オープンハウスと呼ばれる、開催期間中誰でも参加可能で、説明パネル閲覧、担当者への質問が可能な形式でした。2020年東京五輪による訪日外国人旅行者の増加を名目にして、羽田空港の発着枠…

池田理代子展 @日本橋高島屋

日本橋高島屋で開催中の「デビュー50周年記念展 池田理代子-「ベルばら」とともに-」を見てきました。2017年に作家生活50周年を迎える池田理代子さんの記念展です。代表作は何と言っても、少女マンガの金字塔『ベルサイユのばら』。本展でも『ベルばら』の…

マリー・アントワネット展 @森アーツセンターギャラリー

六本木ヒルズで開催中のマリー・アントワネット展に行ってきました。フランス王妃・マリー・アントワネット(1755-1793)の激動の生涯を辿る展示会です。年末に出かけようと前にチケットを入手したがようやく見ることができました。会期は昨年10月からなので、…

クラーナハ展 @国立西洋美術館

上野の国立西洋美術館で開催中の「クラーナハ展」を見てきました。かなり前にチケットを入手していましたが、ずるずると年明けになってしまいました。いつものように気が付くと会期終了間近です。ルカス・クラーナハ(父、Lucas Cranach der Ältere, 1472-15…

大ラジカセ展 @池袋パルコ

ラジカセとそのカルチャーを楽しむ「大ラジカセ展」というユニークな展示会を見てきました。 この展示会では、ラジカセ本体はもちろんカタログ、カセットテープ、ラジオ番組などの当時のカルチャーに浸ることができます。おっさんほいほいの企画ですが、若い…

PEANUTS CARNIVAL @西武池袋本店

先日、西武池袋本店の西武ギャラリーで開催中のPEANUTS CARNIVALを覗いてきました。なんと無料。 スヌーピーとピーナッツの仲間たちのホームタウン カリフォルニアの人気スポットをピーナッツ流に楽しもう という企画ですが、ぶっちゃけスヌーピー関連グッズ…

ゴッホとゴーギャン展 @東京都美術館

東京都美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」に行ってきました。タイトルのとおりフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)に焦点を当てたユニークな展覧会です。並ばずに入場できましたが、会場はたいへんな混雑で…

鈴木其一展 @サントリー美術館

東京ミッドタウンのサントリー美術館で「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展を見てきました。かなりの規模で鈴木其一の画業を展望できる一大回顧展です。鈴木其一(すずききいつ・1796 - 1858)は江戸時代後期に活躍した画家で、江戸琳派の優美な画風を基盤にしな…

山岸凉子展 @弥生美術館

弥生美術館で開催中の「山岸凉子展『光 -てらす-』 ―メタモルフォーゼの世界―」を見てきました。「アラベスク」「日出処の天子」など、数々の名作を生み出してきた山岸凉子。その画業の足跡を辿る初となる本格的な展覧会です。ポスターはやはり「日出処の…

ポンピドゥー・センター傑作展 @東京都美術館

上野の東京都美術館で「ポンピドゥー・センター傑作展」を見てきました。1977年にパリの中心部に開館したポンピドゥー・センターのコレクションを集めた展示会です。1906年から1977年までのタイムラインにそって、絵画、彫刻、写真、映像やデザインなど、多…

「生誕100年 映画監督・小林正樹」展 @世田谷文学館

世田谷文学館で「生誕100年 映画監督・小林正樹」展を見てきました。『人間の條件』『切腹』『怪談』『化石』『東京裁判』などの作品で知られる映画監督・小林正樹の回顧展。今年は監督の生誕100年・没後20年にあたるとのことです。展示館のポスターは『切腹…

ポール・スミス展 @上野の森美術館

上野の森美術館で開催中の「ポール・スミス展」を見てきました。混んでるかなと思いつつ出かけたところ意外に混雑していました。それも若い人で盛況でしたが、若い世代にはポール・スミスはどんな位置付けのデザイナーでしょうか。もはや「巨匠」の域なので…

ルノワール展 @国立新美術館

六本木の国立新美術館で開催中の「ルノワール展」に行ってきました。有名画家の作品がちょっぴりという展示会も多いですが、今回は質量とも「ルノワール展」として満足しま した。目玉は《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》(1876)でしょうが、個人的に…

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」 @練馬区立美術館

練馬区立美術館で開催中の「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」に行ってきました。独特の批評精神に満ちたギャグ漫画で知られるしりあがり寿の個展です。 もちろんこれまでに発表したマンガの原稿の展示もありましたが、みどころは様々なものを回転させる…

特別展「ほほえみの御仏」 @東京国立博物館

東京国立博物館で開催中の特別展「ほほえみの御仏 −二つの半跏思惟像−」を見てきました。踏み下げた左足の膝に右足を組み、右手を頬に添える謎のポーズをとる半跏思惟像(はんかしゆいぞう)は、日本と朝鮮半島では6〜8世紀に多く造られました。そのなかから…

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 @東京都現代美術館

東京都現代美術館で開催中の「ピクサー展」に行ってきました。「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「インサイド・ヘッド」など、数々の人気作品を世界に送り出しているピクサー・アニメーション・スタジオ。先進的なコンピュータ・グラフィ…

「生誕300年記念 若冲展」@東京都美術館

東京都美術館で絶賛開催中の「生誕300年記念 若冲展」に行っていました。伊藤若冲(1716-1800)の代表作約80点を紹介する展覧会です。今回の目玉は、若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が一堂に会することでしょう。これらの作…

カラヴァッジョ展 @国立西洋美術館

上野の国立西洋美術館で開催中の『カラヴァッジョ』展に行ってきました。日伊国交樹立150年記念のおかげで今年はイタリアの美術品が豊作です。ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610)は、西洋美術史上に名を残す偉大な芸術家でバロック…

萩尾望都SF原画展 @武蔵野市立吉祥寺美術館

吉祥寺で「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」という展覧会を見てきました。幅広いジャンルで活躍する少女漫画家・萩尾望都作品のなかから、SF作品を集めた原画展です。先月、浦沢直樹のテレビ番組「漫勉」に登場したのを見て萩尾先生の健…

ボッティチェリ展 @東京都美術館

上野の東京都美術館で開催中の「ボッティチェリ展」に行ってきました。ルネサンス期にフィレンツェで活躍したサンドロ・ボッティチェリ(1444/1445-1510)の回顧展。今年は日伊国交樹立150周年でイタリア関連の展示会が目白押しです。実は昨年春にも渋谷のBu…

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」 @世田谷文学館

世田谷文学館で開催中の「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」を見てきました。現役漫画家の最高峰のひとりと言っても過言でない浦沢直樹の個展です。『YAWARA!』『20世紀少年』などのヒット作で知られている漫画家です。単行本丸ごと一冊分の原稿展示をは…

「浜田浄の軌跡 -重ねる、削る 絵画-」展 @練馬区立美術館

練馬区立美術館で開催されていた浜田浄(はまだ・きよし/1937〜)の個展に行ってきました。浜田浄は、アクリル絵の具、鉛筆などを用いた抽象的な絵画を発表し続けている作家です。70年代半ばに版画作品で評価を得ましたが、その後表現方法を絶えず更新し続…

村上隆の五百羅漢図展 @森美術館

六本木ビルズの森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢図展」に行ってきました。毀誉褒貶が激しいものの村上氏の知名度を考えると、国内では14年ぶりの個展というのは意外に思えます。 ▲フェルメールとレンブラントとの並びがいい今回の展示会の目玉はもちろ…

郵政博物館に行ってきた

東京スカイツリータウンの郵政博物館に行ってきました。かつて大手町にあった逓信総合博物館(ていぱーく)が2013年に閉館したあとの後継施設です。逓信総合博物館には電気通信関連の展示物もありましたが、NTT東日本が運営から離脱したため、この博物館は郵…

奇譚クラブ10周年展 @PARCO MUSEUM

PARCO MUSEUMで開催中の「奇譚クラブ10周年展」に行ってきました。「奇譚クラブ(きたんくらぶ)」とは、「コップのフチ子」などのフィギュアで知らているトイメーカーで、今回が初の展示会になります。kitan.jp渋谷パルコ・PART-1に入るのは何年ぶりだろう…

特別展「始皇帝と大兵馬俑」 @東京国立博物館

上野の東博で兵馬俑展を見てきました。中国に行った知人からずらりと並ぶ兵馬俑の前で撮った写真を見せてもらってから一度実物を見たいと思っていました。前菜は、秦王朝が中国を統一するまでの軌跡を追う展示です。春秋・戦国時代(紀元前8~前3世紀)の歴…

「SHUNGA 春画展」 @永青文庫

一部で話題になっている、永青文庫で開催中の「SHUNGA 春画展」に行ってきました。いわゆる18禁です。豆版が見たかったので展示替えの前に見てきました。以前、2013年秋から2014年にかけて大英博物館で開催された春画展が雑誌『芸術新潮』で特集されました。…

アルフレッド・シスレー展 @練馬区立美術館

少し前にになりますが練馬区立美術館で開催中の「アルフレッド・シスレー展-印象派、空と水辺の風景画家-」に行ってきました。練馬区立美術館開館30周年の記念展のひとつだそうです。シスレーは印象派を代表する風景画家として知られていいますが、上野で…

「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」 @東京都美術館

モネ展を鑑賞するため東京都美術館まで行ってきました。印象派を代表する画家クロード・モネ(1840-1926)の、86歳で亡くなるまで手元に残したコレクションを中心にした展示です。風景画家として知られるモネが家族を描いた作品や、ルノワールによるモネ夫妻…

ニッポンの前掛け展 @伊藤忠青山アートスクエア

青山通りを移動しているときに少し時間があったので「ニッポンの前掛け展」を覗いてきました。ずらりと展示された前掛けが壮観です。前掛けと言えば、昔、近所の米屋が着用していて子どもながらにカッコいいなと思っていましたが、最近は見かけなくました。…

「機動戦士ガンダム展」 @森アーツセンターギャラリー

六本木の森アーツセンターギャラリーで開催中の「機動戦士ガンダム展」に行ってきました。9月に入ったらすぐに行こうかと思っていたら、いつのまにか会期終了間近。なかなか予定どおりにいきません。今回はガンダムのなかでもファーストガンダムの制作資料を…

「メカニックデザイナー 大河原邦男展」 @上野の森美術館

夏休みの期間を避けて見に行こうと思っていた「メカニックデザイナー 大河原邦男展」に行ってきました。2013年に神戸で展覧会「超・大河原邦男展」が開催されたのを聞いて、「なぜ東京でなくて神戸なんだよー」と思っていましが、ようやく上野にやっていまし…

企画展「スポコン展!」 @松屋銀座

松屋銀座でトムス・エンタテインメント(旧・東京ムービー)のアニメ制作50周年を記念した企画展「スポコン展!」を見てきました。正確なタイトルは「あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!」といいいます。『あしたのジョー…

「こども+おとな工芸館 ピカ☆ボコ」展 @東京国立近代美術館工芸館

東京国立近代美術館工芸館で開催中の「こども+おとな工芸館 ピカ☆ボコ オノマトペで読みとく工芸の魅力」という作品展をみてきました。ツヤツヤ、ピカピカ、ボコボコ、ザラザラ…といった擬態語や擬声語(オノマトペ)が日本語にはたくさんり、質感の印象を…

企画展示「ドイツと日本を結ぶもの-日独修好150年の歴史-」@国立歴史民俗博物館

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館(以下、歴博)で企画展示「ドイツと日本を結ぶもの-日独修好150年の歴史-」を見てきました。東京左半分からはるばる出かけたので小旅行。京成佐倉駅で下車して徒歩で歴博を目指します。徒歩15分。あまりにも遠い、そして…

遊就館に行ってきた

靖国神社境内に併設されている遊就館に行ってきました。九段下までは普段から何度も来る機会があったのですが、戦後70年ということもあり久しぶりに拝観してきました。メインは戦没者や軍事関係の資料を収蔵・展示であり、日本では珍しい軍事博物館でもあり…

「知っていますか―ヒロシマ・ナガサキの原子爆弾」展 @JCIIフォトサロン

JCIIフォトサロンで被爆70年を迎える広島、長崎の惨状を捉えた写真を集めた「知っていますか…ヒロシマ・ナガサキの原子爆弾」写真展を見てきました。半蔵門駅から徒歩1分。入場無料。被爆直後に撮影された写真原板が残されているものを中心に構成し、オリジ…

「金沢の町家 ‐活きている家作職人の技‐」展 @LIXILギャラリー

京橋のLIXILギャラリーで「金沢の町屋」展を見てきました。建築における伝統技術はいかに保存され継承されているのか。その実例を金沢の町家に見ていく企画展です。入場無料。北陸新幹線開通で注目を集める加賀百万石の城下町・金沢は、東京のように震災や戦…

沖縄のやきもの展 @石洞美術館

近くまで行ったついでに、以前より行ってみたかった石洞美術館に行ってきました。最寄り駅は京成線・千住大橋駅になりますが、私の行動範囲から大きく外れているのでなかなか行く機会のエリアです。この美術館は千住金属工業株式会社会社(はんだ製造)本社…

安彦良和書店 @ジュンク堂書店池袋本店

先日、久しぶりに池袋のジュンク堂書店に寄ると「安彦良和書店」をやってました。作家とジュンク堂書店のコラボ企画で、安彦さんは21代目の店長になるそうです。今年4月に安彦良和書店の開店記念イベントをネットで見て、一度行ってみたいと思っていたのです…

「ボッティチェリとルネサンス」展 @Bukamura ザ・ミュージアム

渋谷で開催中の「ボッティチェリとルネサンス」展を見てきました。サンドロ・ボッティチェリ(1445-1510年)の作品を中心に、金融業で栄華を誇ったルネサンス期のフィレンツェに生まれた芸術を紹介する展覧会です。Bunkamuraザ・ミュージアム 『ボッティチェ…

「アクエリオン展 Part1 10周年の軌跡」 @杉並アニメーションミュージアム

少し前になりますが、杉並アニメーションミュージアムで「アクエリオン展」を見てきました。2005年に放送されたアニメ『創聖のアクエリオン』。今年で放送10周年を迎えることを記念し、さらに続編の『アクエリオンEVOL』(2012年)、そして今年7月から放送され…

特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」 @東京国立博物館

開催中の「鳥獣戯画展」を見に上野の東京国立博物館まで行ってきました。国宝・鳥獣戯画をこの目で見るためです。比較的空いているだろう日時を選んで出かけましたが大変な混雑でした。それでも肉眼で筆致を確かめる価値はあります。写真で見るのとはまった…

ルーヴル美術館展 @国立新美術館

国立新美術館で開催中の「ルーヴル美術館展」に行ってきました。「日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」というサブタイトルが付いています。 日常生活を題材とする風俗画(genre paiting)は、西洋絵画のヒエラルキーのなかでは格下です。最上位は、…

「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」 @世田谷文学館

世田谷文学館で開催中の「岡崎京子展」を見てきました。ズバリ必見です。岡崎京子さんは1980〜1990年代を象徴する、都市に生きる少女の日常、バブル期の女性の欲望や不安を描くのを得意にしていたマンガ家です。来場客はやはり女性客が多いですね。岡崎さん…

東京空襲写真展 @東京大空襲・戦災資料センター

今年は戦後70年。そして来る3月10日は、東京大空襲からも70年にあたります。そこで前から行ってみたいと思っていた東京大空襲・戦災資料センター(江東区)まで足を伸ばしてみました。ちょうど写真集の刊行を記念して「東京空襲写真展」という展示会もが開催…