退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

岡田有希子との再会

YouTubeのリコメンドに岡田有希子の動画が現れた。何だろうと思ったら、竹内まりやが提供した楽曲を集めた岡田有希子のコンピレーションアルバムのトレーラーだった。岡田有希子トレーラー公開!先月、NHKで放送された番組「竹内まりや Music&Life ~40年を…

ピカードが来年帰ってくる! (Star Trek: Picard) 

私がいちばん見ていた「スタートレック」シリーズは、『新スタートレック』(Star Trek: The Next Generation, TNG)です。アメリカで1987年から1994年にかけて放送されたテレビ番組ですが、最も思い入れのあるSFテレビドラマのひとつです。Star Trek: The Nex…

【映画感想】『主戦場』(2019) / 慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画

新文芸坐で映画『主戦場』(2019年、監督:ミキ・デザキ)を鑑賞。今年春に公開されて話題になった日本の慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画。正直、慰安婦問題についてそれほど関心があるわけではないが、最近の日韓関係悪化のメカニズムには興味がある…

【囲碁】芝野虎丸が史上初の10代名人に!

8日、囲碁の第44期名人戦七番勝負の第5局で、挑戦者の芝野虎丸八段が張栩名人を破り、4勝1敗で名人を奪取した。10代初の七大タイトル保持者となった。囲碁界の一大ニュースである。平成四天王の一角からタイトルを奪取したのも新時代を感じさせる。囲碁の七…

【映画感想】『パーフェクトブルー』(1997) / 今敏監督の出世作だが見る機会が少ないアニメ映画

先週、キネカ大森でアニメ映画『パーフェクトブルー』(1997年)を見てきた。本作は今敏監督の初監督作品。今敏監督の二本立てプログラムで、併映は『千年女優』(2002年)だった。パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: ジェネオン エンタテ…

YouTubeで無料配信された『機動戦士ガンダムNT』を見たよ

週末、サンライズのYouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」の登録者数が10万人を突破したことを記念して、昨年劇場公開された映画『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が無料配信された。正直あまり興味はなかったが家にいたので見てみた。www.cinematoda…

iPhone SE 2 が2020年春に出るというウワサだが SE2ではなくiPhone 8の後継機というべきだろう

週末、アナリストのMing-Chi Kuo氏が「AppleがiPhone SE 2 を2020年春に出す」と予測しているという記事を読んだ。9to5mac.comこの記事は先日の日経新聞のスクープの内容とほぼ一致するが、飛ばしの多い日経新聞に対して今度は信頼できるMing-Chi Kuo氏から…

【映画感想】『魔子恐るべし』(1954) / プロポーション抜群の根岸明美の魅力が全開の不思議な映画

新文芸坐の《精緻と克明 鈴木英夫の手腕》という企画で映画『魔子恐るべし』(1954年、監督:鈴木英夫)を鑑賞。鈴木監督の東宝移籍第1作。白黒映画。魔子恐るべし (1954年)作者: 宮本幹也出版社/メーカー: 大日本雄弁会講談社発売日: 1954メディア: ?この商…

【映画感想】『黒い画集 第二話 寒流』(1961) / 堕ちてゆく銀行マンを池部良が好演しているがひどい話だ

新文芸坐の《精緻と克明 鈴木英夫の手腕》という企画で映画『黒い画集 第二話 寒流』(1961年、監督:鈴木英夫)を鑑賞。松本清張のミステリーの映画化。東宝映画。白黒映画。第二話とあるのは、堀川弘通監督『黒い画集 あるサラリーマンの証言』(1960年)に続…

【読書感想】中川翔子『「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋、2019年)

また黄色い表紙に惹かれて手に取ってしまいました。タレントの中川翔子さんが「いじめ」についての思いを文章と漫画で綴った本です。テーマが「いじめ」なのでシリアスで重たい本には違いありませんが、漫画が挿入されてることもあり読みやすい本に仕上がっ…

GYAO!で「銀河英雄伝説」(石黒版)配信しています!

動画サイト「GyaO!」でOVA「銀河英雄伝説」の配信が始まっている。毎晩の楽しみが増えた。GyaO!のなかでは「銀河英雄伝説 本伝」と表記されている。この作品は1988年から1997年にかけてOVAとして展開されたアニメーションシリーズ。田中芳樹のSF小説『銀河英…

今日から消費税10%スタート!

今日から消費税10%がスタートしました。同時に軽減税率(複数税率というほうがしっくりくるが)とキャッシュレス・ポイント還元事業も始まりました。これに加えて、それぞれのキャッシュレス決済サービスごとに還元セールをやっているので、ややこしいことこ…

【映画感想】『越後つついし親不知』(1964) / 佐久間良子がなかなかいい

神保町シアターの《生誕90年記念 昭和の怪優 小沢昭一のすゝめ》という企画で、映画『越後つついし親不知』(1964年、監督:今井正)を鑑賞。原作は水上勉の短編小説、主演は佐久間良子。東映が制作した文芸作品。白黒映画。越後つついし親不知 [DVD]出版社/メ…

ステハゲの「停学処分に対する不服申し立て」が通らず留年が確定した!

中央大学商学部に在学するYouTuberステハゲと大学との戦いが終了しました。停学処分の決定は覆らず、留年が確定しました。今度こそ終戦です。中央大学からの停学処分に対する不服申し立て 結果停学処分が決定されたとステハゲが大学に提出していた「停学処分…

朝ドラ「なつぞら」見終わりました

朝ドラ「なつぞら」は、2019年上半期放送のNHK「連続テレビ小説」第100作の記念作品。脚本は大森寿美男(作)。ヒロインは広瀬すず。連続テレビ小説 なつぞら 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]出版社/メーカー: NHKエンタープライズ発売日: 2019/08/23メデ…

「ゴールデン☆アイドル 森昌子」を聞いてみた

「ゴールデン☆アイドル」シリーズという企画ある。レコード会社の壁を越えて、70年代~80年代往年の女性アイドルのシングル曲を、オリジナルサイズの復刻ジャケット集とともにまとめたベスト盤である。このシリーズのなかに森昌子の名前を見つけた。「アイド…

【読書感想】佐藤優『人生のサバイバル力 17歳の特別教室』(講談社、2019年)

ジャケ買いならぬ表紙に惹かれて読んでみた。「17歳の特別教室」シリーズのなかの一冊。作家の佐藤優が沖縄の久米島高校の生徒に昨年行った特別授業をまとめたもので、1時間程度で読める分量である。人生のサバイバル力 17歳の特別教室作者: 佐藤優出版社/メ…

【訃報】佐藤忠志さん死去

佐藤忠志さんが亡くなった。名前を聞いても誰だかわからないという人も多いだろう。hochi.news80年代、金のアクセサリーをつけた独特の風貌のため「金ピカ先生」の愛称で知られた、かつての予備校のカリスマ英語講師である。タレント活動をしていたのを覚え…

【映画感想】『薄桜記』(1959) / 大映映画の底力を見せつける市川雷蔵主演の時代劇

先日、山本耕史主演のBS時代劇「薄桜記」(2012年)を見て、そう言えば市川雷蔵主演の大映映画があったはずだと見直してみた。監督は 森一生、脚本は伊藤大輔という強力な布陣で、赤穂討ち入りを背景に、赤穂浪士・堀部安兵衛(勝新太郎)と旗本・丹下典膳(市…

画業50年“突破”記念 永井GO展 @上野の森美術館

上野の森美術館で開催中の永井豪の展覧会「画業50年“突破”記念 永井GO展」に行ってきました。以前から楽しみにしていた展覧会です。入場前に美術館壁面の大きなポスターを見てテンションが上がります。やはり数多い作品のなかでは「マジンガーZ」と「デビル…

中大生YouTuberステハゲの停学期間が満了し処分解除される

連休中、溜まっていた動画を見ていると、中央大学商学部から停学処分を受けていたミスター中央大学ことステハゲの停学期間が満了していました。もう2か月も経ったとは時の流れは速いですね。これまでの経緯については以前の記事を参照してください。停学期…

はじめてのApple Watchセットアップ

安くなった「Apple Watch Series 3」を購入したのでセットアップ作業をしました。はじめてのApple Watchでいろいろ新鮮でした。作業中に気がついたことをまとめておきます。 iPhoneとのペアリング まず母艦となるiPhoneとペアリングします。iPhoneに「Watch…

【映画感想】『ザ・フォーリナー/復讐者』(2017) / 冷徹非情なジャッキー・チェンが新鮮

新文芸坐で映画『ザ・フォーリナー/復讐者』(2017年、監督:マーティン・キャンベル)を鑑賞。ロンドンを舞台にしたアクション・サスペンス映画。主演はジャッキー・チェン。ザ・フォーリナー/復讐者 [DVD]出版社/メーカー: 松竹発売日: 2019/11/06メディア:…

【映画感想】『スノー・ロワイヤル』(2019) / 雪の田舎街を舞台にしたタランティーノ風味のクライム・アクション映画

新文芸坐で映画『スノー・ロワイヤル』(2019年、監督:ハンス・ペテル・モランド)を鑑賞。ノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をハリウッドでリメイクした作品。主演はリーアム・ニーソン。スノー・ロワイヤル [Blu-ray]出版社/メーカー:…

価格改定された「Apple Watch Series 3」を買いました

先日、新製品「Apple Watch Series 5」の発表に伴い、「Apple Watch Series 3」が大幅に値下げされて気になっているという記事を書いた。以前よりApple Watchを試してみたいと思っていたので、これは天啓かと思い数日間悩んだ末、購入を決意した。某量販店で…

【映画感想】『マジンガーZ / INFINITY』(2017) / 巨大ロボットアニメの原点「マジンガーZ」が21世紀に復活!

AbemaTVの永井豪特集で劇場版『マジンガーZ / INFINITY』(2017年、監督:志水淳児)を鑑賞。日本アニメの金字塔である巨大ロボットアニメーションの原点とも言える「マジンガーZ」が21世紀に復活して話題になった劇場アニメーション作品。制作は東映アニメー…

【読書感想】おざわゆき『凍りの掌 シベリア抑留記』(小池書院、2012年)

筆者がシベリア抑留を経験した生還した父親から聞き取りして描かれたコミックである。NHKの実写ドラマとマンガを織り交ぜて進行する「ドラマ×マンガ」という番組を見て読んでみた。この実写ドラマでは漫画家の娘を木村多江が、抑留経験のある父親を古谷一行…

【映画感想】『未知との遭遇』(1977=2002) / スティーブン・スピルバーグ監督による映画史上に残る傑作

新文芸坐の《魅惑のシネマ・クラシックス Vol.33》という企画で、映画『未知との遭遇』(1977年、監督・脚本:スティーブン・スピルバーグ)を鑑賞。いろいろ版がなか今回みたのは〈ファイナル・カット版〉。「未知との遭遇」という邦題を考えた人はエライとあ…

【映画感想】『バンデットQ』(1981) / テリー・ギリアム監督のファンタジー映画

新文芸坐の《魅惑のシネマ・クラシックス Vol.33》という企画で、映画『バンデットQ』(1981年)を鑑賞。鬼才テリー・ギリアム監督の初期に手掛けたファンタジー映画。邦題の「Q」は配給会社が勝手に付けてもので意味がなく、原題はTime Banditsという。bandit…

iPhoneで「大辞林 第四版」を使う

「辞書 by 物書堂」版「大辞林4」がリリースされたので、さっそく購入しました。言葉は生き物ですからね。iPhoneなど利用するiOS辞書アプリです。「辞書 by 物書堂」版「大辞林4」の販売を開始しました。9月5日に発売されたばかりの「大辞林 第四版」をい…