退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ザ・ウォーク』(2015) / WTCで綱渡りした実在の大道芸人を映像化

映画『ザ・ウォーク』(2015年、監督:ロバート・ゼメキス)を鑑賞。1974年に今はなきニューヨーク市のワールドトレードセンターのツインタワーの間を綱渡りしたフランス人の大道芸人フィリップ・プティを描く。主演はジョゼフ・ゴードン=レヴィット。ザ・ウ…

【訃報】大杉漣さん急死

俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため急死した。66歳だった。www.huffingtonpost.jp私は、昔の日本映画が好きなのでスタッフや俳優などの映画関係者の訃報には慣れているつもりだったが、この知らせには本当に驚いた。売れっ子の名バイプレーヤーとして…

サンライズの劇場版アニメをシネコンの4DXで見たいですか?

先日行ったシネコンで「SUNRISE 4DX COLLECTION/サンライズ4DXコレクション」と題した特集上映のポスターを見つけた。サンライズの劇場版アニメをシネコンの4DX劇場で上映する企画だ。上映作品は下記の3作品。詳細はここを参照。 『劇場版 機動戦士ガンダム0…

【映画感想】『の・ようなもの のようなもの』(2016) / 森田芳光監督がいない森田映画

映画『の・ようなもの のようなもの』(2016年、監督:杉山泰一)を鑑賞。森田芳光監督の劇場映画デビュー作『の・ようなもの』(1981年)の35年ぶりの続編。しかし森田監督は2011年に他界しているため、いわゆる森田組のスタッフによりつくられた。主演は松山ケ…

【映画感想】『ワイルド7』(2011) / コミックを安易に実写した失敗例

Amazonプライム・ビデオで映画『ワイルド7』(2011年、監督:羽住英一郎)を鑑賞。主演は瑛太。1969年から1979年にかけて連載された望月三起也の人気コミックの実写映画化。ワイルド7 [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2013/12/04メデ…

万波奈穂三段が入籍を発表!

日曜日、ニコ生の囲碁番組「ニコスト」を観ていると、番組のなかで囲碁女流棋士の万波奈穂三段がVTR出演でご自身の結婚を発表していました。お惚気けがすごかっです(笑)。お相手は囲碁棋士の伊田篤史八段。今年いちばん驚いたことのひとつです。彼女の通称…

【読書感想】伊吹有喜『カンパニー』(新潮社、2017年)

久しぶりに小説を読みました。プライベートでは妻子に逃げられ、仕事ではそつなく仕事をこなすものの物足りないと査定されリストラ対象になった製薬会社勤務の中年サラリーマン・青柳が主人公。決して一流とはいえないバレエ団が、世界的プリンシパル・高柳…

【映画感想】『ポーラX』(1999) / 鬼才カラックスによる自滅劇

早稲田松竹のレイトショーで映画『ポーラX』(1999年、レオス・カラックス)を鑑賞。以前観たときは「なるほどわからん」と唸った映画だが再挑戦した。私も以前の私ではないはず、と思ったがやっぱり「なるほどわからん」。理解しようと思わずに見るべき映画…

海外のHomePodのレビューを観まくって思ったこと

Appleは2月9日、注目のスマートスピーカー「HomePod」アメリカ、イギリス、オーストラリアでリリースした。価格は349ドル。言葉の壁があるためだろうか、まず英語圏のみで市場投入され日本での発売時期は未定。実際にHomePodを手にしてメディアやYouTuberた…

【映画感想】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017) / 本当にこれでいいのか?

遅まきながら近くのシネコンで映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017年、監督:ライアン・ジョンソン)を観てきた。レイを主人公とする続三部作の第2章「エピソード8」である。事前に前作の「フォースの覚醒」を自宅で見直して準備万端でスクリーンに…

iPadを使うようになって真価を発揮したアプリ3つ

iPad 9.7 (2017)を使い始めてよかったのは、これまでiPhoneで使っていたアプリをそのまま使えたことです。どちらもiOSなので当たり前と言えばそうなのですが、ベンダーにとってはユニバーサルアプリを開発するのは負担だと思いますが、ユーザーにとってはと…

iPad 9.7 (2017) を1か月使ってイマイチだった3つのこと

今年のApple Storeの初売りで購入したiPad 9.7 (2017) を1か月ほど使いました。現在、新品で買える最も廉価なiPadで「無印」とも呼ばれています。ざっくり言うとコスパのよい買い物でとても満足しています。しかしイマイチだと思ったこともあったので、以下…

【映画感想】『女の教室』(1959) / 女子医大生たちの青春群像劇

新文芸坐の《大映女優祭 in 新文芸坐》で映画『女の教室』(1959年、監督:渡辺邦男)を鑑賞。恋愛や進路に悩みながらも国家試験を控えた7人の女子医大生を描いた青春群像劇。田舎の貧しい母子家庭で育った操(野添ひとみ)と、裕福な恵まれた環境の有為子(叶…

【映画感想】『貴族の階段』(1959) / 二・二六事件を背景にした悲恋模様

新文芸坐の《大映女優祭 in 新文芸坐》で映画『貴族の階段』(1959年、監督:吉村公三郎)を鑑賞。原作は武田泰淳の同名小説。二・二六事件(1936年)を取り上げた歴史映画かと思ったが、昼のメロドラマになりそうな結構ドロドロとした話だった。貴族の階段 (角…

【読書感想】松嶋桃『京大卒雀士「戦わない」受験勉強法 一流大学に合格するために必要なたった5つのこと』(ベストセラーズ、2017年)

タイトルにある「京大卒雀士」というコピーと、帯の筆者の写真に惹かれて手に取る。京都大学法学部まで出てプロ雀士とは反社会的ではないか。どうせチャラい本だろうと思いながら読み始める。京大卒雀士「戦わない」受験勉強法 一流大学に合格するために必要…

【映画感想】『細雪』(1959) / 役者で楽しむ島耕二版「細雪」

新文芸坐の《大映女優祭 in 新文芸坐》で映画『細雪』(1959年、監督:島耕二)を鑑賞。谷崎潤一郎の代表作である同名小説の映画化。1950年にも新東宝が映画化しているので2度目の映画化になる。細雪 [DVD]出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2014/1…

【映画感想】『夜の蝶』(1957) / 京マチ子 vs 山本富士子

新文芸坐の《大映女優祭 in 新文芸坐》で映画『夜の蝶』(1957年、監督:吉村公三郎)を鑑賞。当日の併映作は『細雪』で、フライヤーには「競艶 京マチ子&山本富士子」とあった。夜の蝶 [DVD]出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2016/10/28メディア:…

【宝塚】音花ゆりが結婚、芸能活動休止

娘役ウォッチャーとしては見逃せないニュースがあった。宝塚歌劇団・星組で活躍した元タカラジェンヌの音花ゆりさんの結婚の報である。まあ妙齢であるしあまり驚くこともないだろうが相武紗季の姉ということで大きく報じられた。www.oricon.co.jp一般男性(…

AbemaTVでテレビアニメ「伝説巨神イデオン」配信中!

今週からAbemaTVでテレビアニメ「伝説巨神イデオン」(全39話)が配信されている。これは機動戦士ガンダムの富野由悠季(当時:富野喜幸)が総監督を務めた伝説のテレビアニメ。東京12チャンネル(現・テレビ東京)で1980年から1981年まで放送された。伝説巨神…

【読書感想】モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』(2017年、集英社)

タイトルには”ニッポン革命論“とあるが、トランプ大統領やヨーロッパのテロなどの世界情勢を俯瞰しながら論じる「モーリーの日本人論」という趣の一冊。雑誌「週刊プレイボーイ」の連載の再構成。挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け作者: モーリー・…

【映画感想】『タイタニック』(1997) / アカデミー賞を総なめした超大作

『さよなら日劇ラストショウ』という特別上映会で映画『タイタニック』(1997年、監督:ジェームズ・キャメロン)を鑑賞。正直いうと何度も見たくなる映画ではないが、映画館の大スクリーンで見るもの悪くないだろうとひさしぶりに見てきた。当時大ヒットした…

さよなら「TOHOシネマズ 日劇 」

「TOHOシネマズ 日劇 」は、2018年2月4日(日)をもって閉館します。そこで『さよなら日劇ラストショウ』という特別上映会イベントに行ってきました。最後に鑑賞したのは、ハリウッド大作の『タイタニック』(1997年)です。「日劇ラストショウ」のポスターこ…

ニコ生「ヒカルの碁 鑑賞会」が最終回でした

週末、ニコ生で配信されてきた「ヒカルの碁 鑑賞会」が最終回を迎えました。2001年から2003年にかけテレビ東京で放送された人気アニメ「ヒカルの碁」(全75話)を配信して、番組内でアニメで対局された棋譜解説を行う企画です。「ヒカルの碁 鑑賞会」最終回番…

【映画感想】『青空娘』(1957) / 若尾文子主演のアイドル映画

新文芸坐の《大映女優祭 in 新文芸坐》で映画『青空娘』(1957年)を鑑賞。原作は源氏鶏太の小説。当日の併映作は『祇園囃子』で、フライヤーには「溌剌! 若尾文子」とあった。先日見た『くちづけ』に続く増村保造の監督2作目。増村が若尾文子と初めて出会っ…

【映画感想】『祇園囃子』(1953) / 浪花千栄子がいいね

新文芸坐の《大映女優祭 in 新文芸坐》で映画『祇園囃子』(1953年、監督:溝口健二)を鑑賞。原作は川口松太郎の小説。当日の併映作は『青空娘』で、フライヤーには「溌剌! 若尾文子」とあった。祇園囃子 [DVD]出版社/メーカー: Cosmo Contents発売日: 2007/…

AbemaTVの大相撲中継がよかった(千秋楽)

大相撲初場所が終了した。AbemaTVが生中継を開始したこともあり、今年の初場所はひさしぶりに大相撲を真剣に見た。これほど大相撲を長時間見たのは子どものとき以来だ。AbemaTV 相撲ライブ幕内の取り組みは、午後4時から6時ぐらいに行われるので、さすがにリ…

B&O Playのワイヤレススピーカー「Beoplay M3」が良かった

日本では今月リリースされたB&O Playのワイヤレススピーカー「Beoplay M3」を試してみました。一応、Bluetoothスピーカーに分類されるのでしょうが、本モデルはWi-Fiを搭載しており、AirPlayをサポートしている高さ15cmほどの比較的小さなワイヤレススピーカ…

【映画感想】『星くず兄弟の新たな伝説』(2016) / 伝説のカルト映画の続編

テアトル新宿で映画『星くず兄弟の新たな伝説』(2016年、監督:手塚眞)を見てきた。近田春夫がリリースした架空の映画サウンドトラック盤を、1985年に手塚眞監督が映画化したカルト映画『星くず兄弟の伝説』の事実上の続編。1月20日公開『星くず兄弟の新たな…

松本零士作品展 @伊勢丹新宿店本館

伊勢丹新宿店本館5階のアートギャラリーで「松本零士作品展」を見てきました。松本零士先生の生誕80周年×銀河鉄道999誕生40周年を記念したイベントです。なんと無料!松本零士作品展:星野鉄郎松本零士先生の直筆のイラストを中心に、現代の版画とも…

里見浩太朗主演の時代劇スペシャル「田原坂」を見た

まだまだ年末年始に録画したテレビ番組を消化中。週末、年始に放送されていた時代劇スペシャル「田原坂」を見た。西郷隆盛の半生を描いた作品。1987年に日本テレビで放送された日本テレビ年末時代劇スペシャル。「忠臣蔵」「白虎隊」に続く第3弾。田原坂 [DV…