退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『海難1890』(2015) / 国境を越えた真の友情を描く日本×トルコ合作映画

DVDで映画『海難1890』(2015年、監督:田中光敏)を鑑賞。1890年に起きたエルトゥールル号遭難事件と、1985年のテヘラン邦人救出劇の二部構成。日本とトルコの友好125周年を記念して製作された日本×トルコ合作映画で、実話に基づく映画である。海難1890 [Blu-…

『ビブリア古書堂の事件手帖』読了しました

積ん読になっていた三上延によるライトミステリ小説『ビブリア古書堂の事件手帖』(全7巻)を読み終えました。北鎌倉で古書店を営む栞子が、客が持ち込む古書にまつわる謎の解いていくミステリー小説です。ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人た…

【映画感想】『愛と誠』(1974) / 早乙女愛が役名を芸名にして映画デビューしたアイドル映画

東京国立近代美術館フィルムセンターの《特集・逝ける映画人を偲んで 2015-2016》で映画『愛と誠』(1974年、監督:山根成之)を鑑賞。少年マガジンに連載された、梶原一騎原作・ながやす巧作画による人気劇画の実写映画化。あの頃映画 「愛と誠」 [DVD]出版…

Amazonプライム・ビデオで「ガンダム祭」やってるよ!

先日、9月2日から劇場公開される『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の冒頭11分映像が公開されました。それに関連するプロモーションの一環でしょうか、Amazonプライム・ビデオで「ガンダム祭」が展開されています。めぼしいところでは、「機動…

【映画感想】『陸軍残虐物語』(1963) / 白黒映画でよかったなぁ

新文芸坐の《日本国憲法施行70周年記念 映画を通して反戦と平和を希求する映画祭》で映画『陸軍残虐物語』(1963年、監督:佐藤純彌)を鑑賞。佐藤純彌監督のデビュー作。白黒映画。陸軍残虐物語 [DVD]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)発売日: 201…

【映画感想】『軍旗はためく下に』(1972) / 軍隊の真実を描く強烈な反戦映画

新文芸坐の《日本国憲法施行70周年記念 映画を通して反戦と平和を希求する映画祭》で映画『軍旗はためく下(もと)に』(1972年、監督:深作欣二)を鑑賞。原作は結城雅治の直木賞受賞作、脚本は新藤兼人。昭和27年戦没者遺族援護法が施行されたが、「敵前逃…

コミック『ベルサイユのばら』(第13巻)を読んでみた

2014年、少女マンガの金字塔『ベルサイユのばら』の連載が終了してから40年の時を経て、エピソード編と銘打った新作の短篇集(第11巻)が発表されて話題になりました。本書はこのエピソード編の3冊目となります。ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミック…

【映画感想】『図書館戦争-THE LAST MISSION-』(2015) / 新米隊員と鬼教官の恋のゆくえは…

有川浩の小説『図書館戦争』シリーズを原作とする、映画第2作『図書館戦争-THE LAST MISSION-』(2015年、監督:佐藤信介)を鑑賞。主演は岡田准一と榮倉奈々。以前、まちがってテレビドラマ『図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ』を借りてきて失敗したので…

藤原竜也主演のテレビドラマ「聖の青春」を見た

夭逝した将棋棋士・村山聖を題材にした大崎善生の小説『聖の青春』(2000年)は、昨年松山ケンイチ主演で映画化されて注目を集めた。私も公開時に映画館まで足を運んで鑑賞した。この作品は、これよりずっと前に藤原竜也主演によりテレビドラマとして映像化さ…

「Google、女性差別発言の社員を解雇」で思ったこと

ハイテク業界でエンジニアや管理職に女性が少ないのは差別ではなく、男女間の生物学上の違いによるとする社内文書を作成したソフトウェアエンジニアのジェームズ・ダモア氏が解雇された。この話題は、男性優位のシリコンバレーにおける女性の地位をめぐる議…

森永奈緒美が歌う「アニーにおまかせ」の破壊力

先日『宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATION』 (2014年)を見てから、宇宙刑事シリーズを追いかけてきたが、面白いCDを見つけた。「宇宙刑事シリーズ ソングコレクション~FOR NEXT GENERATION~」という、新しい宇宙刑事シリーズの主題歌のほか、1980年代に放送…

【映画感想】『忍者秘帖 梟の城』(1963) / 工藤栄一監督のスタイリッシュな忍者映画

DVDで映画『忍者秘帖 梟の城』(1963年、監督:工藤栄一)を鑑賞。司馬遼太郎の直木賞受賞作『梟の城』の映像化作品。主演は大友柳太朗。ちなみに1999年に篠田正浩監督により再び映像化されている。忍者秘帖 梟の城 [DVD]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(…

「気がつけば移民国家」を読んで

少し前の雑誌「Wedge」の特集「気がつけば移民国家」を読んだ。「中途半端な外国人受け入れを正せ」というサブタイトルがついている。Wedge (ウェッジ) 2017年 6月号 [雑誌]作者: Wedge編集部出版社/メーカー: 株式会社ウェッジ発売日: 2017/05/20メディア: …

【映画感想】『TIME/タイム』(2011) / 「時は金なり」が現実になったSF映画

映画『TIME/タイム』(2011年、監督: アンドリュー・ニコル)をようやく鑑賞した。公開時、映画館で予告編を見て設定が面白そうと思ったが、結局上映館が少なく見逃したSF映画である。わかりにく邦題だが、原題は In Time である。TIME/タイム [Blu-ray]出版…

「ブラックジャックによろちんこ」のまま放置が続いてる件

先週Kindle Paperwhite を導入してまずやってみたかったのは、この端末でマンガを長時間読むことだった。E-Ink端末でマンガを長時間読書するとどうなるか試してみようと思っていた。当然読むのはマンガなら何でもいいというわけではない。つまらない作品はゴ…

【映画感想】『千利休 本覺坊遺文』(1989) / 映像美は素晴らしいが三船が利休なのは謎

新文芸坐の《没後10年 巨匠・熊井啓》という熊井啓監督特集で映画『千利休 本覺坊遺文』(1989年)を鑑賞。井上靖晩年の小説『本覺坊遺文』の映画化作品。製作は西友でセゾン文化の残滓が感じられる。千利休 本覺坊遺文 [DVD]出版社/メーカー: 角川書店発売日:…

【映画感想】『お吟さま』(1978) / 熊井啓監督初めての時代劇

新文芸坐の《没後10年 巨匠・熊井啓》という熊井啓監督特集で映画『お吟さま』(1978年)を鑑賞。原作は今東光による直木賞受賞作の同名小説。熊井初めての時代劇映画。千利休(志村喬)の娘・お吟(中野良子)の胸には、堺の豪商に嫁いだ後も、初恋のキリシタ…

「都営地下鉄大江戸線が黒字に」という話で思ったこと

東京の地下深くを6の字に走る都営地下鉄大江戸線が、やっと黒字になりそうだという記事が面白かったので紹介します。この記事を読んで思ったことを書いてみます。trafficnews.jp ぜひ読みたい「大江戸線物語」 都営地下鉄大江戸線は開業から26年目を迎えま…

【映画感想】『ハクソー・リッジ』(2016) / 沖縄戦での衛生兵の活躍を描いた戦争映画

近くのシネコンで映画『ハクソー・リッジ』(2016年、監督:メル・ギブソン)を鑑賞。太平洋戦争の沖縄戦で衛生兵として従軍したデズモンド・T・ドスの実体験を描いた戦争映画。「ハクソー・リッジ」とは、沖縄戦において沖縄県浦添市にあった「前田高地」と呼…

Kindle Paperwhite (2015年モデル)届きました

Amazonプライムデーのセールで注文したKindle Paperwhite (2015年モデル)がようやく届きました。当初の納品予定は8月でしたが、前倒しになったというメールがきて商品が到着しました。以下、週末セットアップして使ってみたので簡単にレビューします。 セッ…

【映画感想】『T2 トレインスポッティング』(2017) / 中年の危機を実感させる同窓会映画

早稲田松竹で映画『T2 トレインスポッティング』(2007年、監督:ダニー・ボイル)を鑑賞。90年代の伝説的青春映画『トレインスポッティング』(1996年)の20年ぶりの続編。オリジナルのスタッフとキャストが集結してが作られた続編が完成し話題になった。今回は…

【映画感想】『トレインスポッティング』(1996) / ダニー・ボイルの出世作

早稲田松竹で映画『トレインスポッティング』(1996年、監督:ダニー・ボイル)を鑑賞。アーヴィン・ウェルシュの同名小説の映画化。続編の映画『T2 トレインスポッティング』(2017年)との二本立てだった。2作を通して観るいい機会と思い出かけるが、整理券が…

【訃報】作詞家・山川啓介さん死去

作詞家の山川啓介さんが死去した。72歳だった。青い三角定規「太陽がくれた季節」、中村雅俊「ふれあい」、矢沢永吉「時間よ止まれ」、岩崎宏美「聖母たちのララバイ」などをヒット曲を手がけた。加えて、子ども向けのアニメ・特撮ヒーロー番組の楽曲の作詞…

【映画感想】『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016) / 家族の“熱い”愛を描いた感動ドラマ

新文芸坐で映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年、監督・脚本:中野量太)を鑑賞。主演は宮沢りえ。湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]出版社/メーカー: TCエンタテインメント発売日: 2017/04/26メディア: Blu-rayこの商品を含むブログを見る銭湯を…

【映画感想】『彼らが本気で編むときは、』(2017) / LGBTをテーマに据えた話題作

新文芸坐で映画『彼らが本気で編むときは、』(2017年、監督・脚本:荻上直子)を鑑賞。併映の宮沢りえ主演『湯を沸かすほどの熱い愛』を目当てに出かけたので期待せずに見た。というのも、前作『レンタネコ』がリアリティゼロだったこともあり、荻上監督作品…

新装開店した「ニュースザップ」

BSスカパー!で放送されている報道番組「ニュースザップ」が、先週21日からリニューアルされて再開されました。www.bs-sptv.com2014年秋に始まったこの番組は、「BBCワールドニュース」「CNNj」「日経CNBC」をザッピングしながら、海外のニュース、海外から視…

【訃報】平尾昌晃さん死去

作曲家で歌手としても活躍した平尾昌晃さんの訃報が流れた。79歳だった。www.nikkansports.comロカビリー歌手として活躍したあと、60年代半ばから作曲家に転身し数多くのヒット曲を世に送り出した。昭和を代表する稀代のメロディーメーカーだった。五木ひろ…

『NHK連続人形劇 プリンプリン物語 メモリアル・ガイドブック』を読んでみた

先日からNHK BSプレミアムで『連続人形劇 プリンプリン物語』(1979年~1982年)が放送されています。主人公のプリンセス・プリンプリンが生まれ故郷を探し求めて、プリンプリンと結婚したい死の商人・ランカーに追われつつ、仲間たちと世界各地を旅するミュー…

ようやく『宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATION』を鑑賞、森永奈緒美と再会

Vシネマ『宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATION』 (2014年)をAmazonプライム・ビデオでようやく鑑賞。ずっと気になっていた作品だった。宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION 焼結版 [Blu-ray]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)発売日: 2014/11/07メ…

関正生 ,伊藤賀一 『やる気が高まる! 受験勉強をしなければいけない本当の理由』(宝島社、2017年)

有名予備校講師による受験生を応援する本。50個のQ&A形式で読みやすい。時間がない人は大きなフォントの部分と各Q&Aのまとめだけ読んでもいいだろう。やる気が高まる! 受験勉強をしなければいけない本当の理由作者: 関正生,伊藤賀一出版社/メーカー: 宝島社…

AmazonビデオにもHDCP非対応の外部ディスプレイの出力制限があった

先日、Huluでリニューアルがあり、著作権保護のためにHDCP対応の外部ディスプレイ以外はサポートされなくなった。そのため私の環境では見れなくなりやむなくHuluを解約したことを書いた。その後、Amazonプライムビデオを見るようなったが、ここでも著作権保…

【読書感想】のぶみ『ママのスマホになりたい』(WAVE出版、2016年)

先日読んだ『スマホ廃人』(著:石川結貴)のなかで紹介されていた絵本。タイトルに惹かれて読んでみました。ママのスマホになりたい作者: のぶみ出版社/メーカー: WAVE出版発売日: 2016/08/08メディア: 大型本この商品を含むブログ (1件) を見るずっとスマ…

ドラマ『結婚できない男』との再会

Amazonプライムビデオでドラマ『結婚できない男』(全12話)を見ました。2006年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマです。バチェラーものの日本ドラマにおいて金字塔というべき奇跡の作品です。結婚できない男 Blu-ray BOX出版社/メーカー: ポニーキャニ…

新文芸坐の値上げで思ったこと

今月から池袋の名画座「新文芸坐」の入場料金が値上げされた。一律50円の値上げである。詳細は以下のとおり。値上げについては、前から案内が出ていたので驚かなかったが、実際に券売機で入場料金を払うとときには少し抵抗があった。私の記憶では入場料金が1…

【映画感想】『家族ゲーム』(1983) / 80年代日本映画の至宝にして森田芳光監督の出世作

東京国立近代美術館フィルムセンターの《映画プロデューサー 佐々木史朗》をいう企画で、映画『家族ゲーム』(1983年、監督:森田芳光)を鑑賞。日本アート・シアター・ギルド作品。(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]" title="家族ゲーム(新・死ぬまでに…

コミック『うどんの女』が面白い

えすとえむのコミック『うどんの女(ひと)』を読了。表紙にどんなマンガだろうと思わせるインパクトがあり、タイトルもよくできている。うどんの女 (Feelコミックス)作者: えすとえむ出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2011/09/08メディア: コミック購入: 2人…

難関・有名大「高校別」現役進学者数を見て思ったこと

週刊誌『サンデー毎日』をパラパラ見ていて「難関・有名大「高校別」現役進学者数」というデータを見つけた。東日本と西日本の2週にわたり掲載されている。毎年受験シーズンがおわると、高校別の「合格者数」というデータが掲載されるが、今回のデータは「現…

Kindle Paperwhite (2015年モデル)買いました

皆さんは今年のAmazon Prime Day で買い物しましたか? 私はいくつか欲しいものがあったのですが、セールでとくに安くなかったので見送りかなと思っていると、以前から気になっていたKindle Paperwhiteが激安だったのを見つけました。なんと通常価格の51%オ…

【映画感想】『ブラッド・ワーク』(2002) / クリント・イーストウッド監督による手慣れたクライム・サスペンス

新文芸坐の《ワーナー・ブラザース シネマフェスティバル PART2 クリント・イーストウッド編》で映画『ブラッド・ワーク』(2002年)を鑑賞。監督・製作・主演クリント・イーストウッド。ブラッド・ワーク [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ…

【映画感想】『トゥルー・クライム』(1999) / クリント・イーストウッド監督・製作・主演による社会派サスペンス映画

新文芸坐の《ワーナー・ブラザース シネマフェスティバル PART2 クリント・イーストウッド編》で映画『トゥルー・クライム』(1999年)を鑑賞。監督・製作・主演クリント・イーストウッド。トゥルー・クライム [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース…

「日本国憲法第53条」の不思議

日本国憲法第53条は、日本国憲法のなかで臨時会を規定する条文である。条文は以下のとおり。 (第五十三条)内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければなら…

【読書感想】石川結貴『スマホ廃人』(文春新書、2017年)

スマホには強い依存性があることを指摘し、それに対し警鐘を鳴らす本。学生生活がLINEにより、がんじがらめになったり、いじめに発展したりする事例があることは広く知られているが、それ以外にも社会に広くスマホの「依存性」が蔓延してることが紹介される…

人形劇『プリンプリン物語』の再放送が始まりました!

今週からNHK BSプレミアムで人形劇『プリンプリン物語』の再放送が始まり、第1話と第2話が放送されました。この番組は1979年から1982年までNHK総合テレビで放送された人形劇。主人公の少女プリンプリン(声:石川ひとみ)が祖国と両親を探して仲間たちと旅を…

Huluの「システムリニューアルに伴う不具合のお詫び」のスピード感がヤバい

先日、Huluのシステムリニューアルに伴う仕様変更のより自分の視聴環境に合わなくなったので解約したという記事を書いた。風のうわさでは、私が解約した後もかなり混乱が続いているようだ。その後、「システムリニューアルに伴う不具合のお詫び」のメールが…

tvkのテレビアニメ『装甲騎兵ボトムズ』の放送が終了、そして次週からは…

tvkで日曜夜に放送されていてアニメ『装甲騎兵ボトムズ』(全52話)の放送が終了しました。およそ1年間にわたる再放送でした。装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2005/02/24メディア: DVD購入: 1人 クリック:…

【読書感想】ちきりん『自分の時間を取り戻そう ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』(2016年、ダイヤモンド社)

この本では、ゆとりと成功を手に入れるためには「生産性を高める」ことが重要だと説く。この本で言う「生産性」とは、時間やお金など有限で貴重な資源」と「手に入れたい=成果」との比率と定義される。自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられ…

【都議選2017】小池新党が大躍進、自民党は歴史的惨敗

2日投開票の「天下分け目の戦い」東京都議会議員選挙では、小池百合子都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が第一党に躍進した。公民党などの支持勢力と合わせて都議会で過半数を制する結果となった。地滑り的勝利である。一方、これまで都政を牛耳…

「Amazonプライム・ビデオ」を目当てに「Amazonプライム」に入った

6月30日から7月2日まで、通常は年間3900円(税込)のAmazonプライムの年会費を2900円(税込)で提供するキャンペーンを実施していたので利用してみました。internet.watch.impress.co.jp先日、リニューアル後のHuluが私の環境では使い物にならなくなったため…

ブリューゲル「バベルの塔」展 @東京都美術館

上野の東京都美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を見てきました。会期終了直前だったせいか会場内はかなり混雑していまいた。いつもながらどこから集まってくるのやら……。もちろん目当ては、ピーテル・ブリューゲル1世(Pieter Bruegel the Elder,…

【映画感想】『ヒポクラテスたち』(1980) / 大森一樹監督の医大生体験を踏まえた青春群像映画

東京国立近代美術館フィルムセンターの《映画プロデューサー 佐々木史朗》をいう企画で、映画『ヒポクラテスたち』(1980年、監督:大森一樹)を鑑賞。日本アート・シアター・ギルド作品。ヒポクラテスたち HDニューマスター版 [Blu-ray]出版社/メーカー: キン…