読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

廉価版iPadが発表! なかなかいいじゃないか

9.7インチモデルの新型「iPad」が登場しました。イベントで華々しくプレゼンされることもなく地味な新モデルの登場ですが、nasneを導入して以来、注目していたiPadの新型モデルです。「iPad Air2」(2014年10月発売)の実質的な後継モデル。Proと差別化して製…

ニコ生のテレビ時代劇「座頭市シリーズ」配信打ち切り!

ニコ生で配信されていたテレビ時代劇「座頭市シリーズ」が19日をもって配信終了となりました。悲しい。座頭市のテレビシリーズは、勝新太郎主演により日本映画の黄金期に一世風靡した「座頭市」の初のテレビ作品であり計100話作られました。ニコ生では週末に…

「スプロールしている」とは!?

あるエッセイで「スプロールしている」という表現を目にした。文脈からスプロール(sprawl) が、都市の急激な発展で市街地が無計画に郊外に広がっていることを意味するのはなんとなく分かった。先日、羽田空港の機能拡張の説明会を見てきて、東京の都市計画…

羽田空港の飛行経路見直し!?

先日「羽田空港の機能強化について」という説明会を見てきました。オープンハウスと呼ばれる、開催期間中誰でも参加可能で、説明パネル閲覧、担当者への質問が可能な形式でした。2020年東京五輪による訪日外国人旅行者の増加を名目にして、羽田空港の発着枠…

「ゆびすうかんすう」で思ったこと

スカパーの某ニュース番組に、ゲストが日頃思っていることを短く話すコーナーがある。ある日の番組を録画で見ていたら、インド出身の経営コンサルタントのゲストが「ゆびすうかんすう」という語を何度も口にしていた。最初知らない数学用語なのかと思ったが…

【訃報】渡瀬恒彦さん死去

俳優の渡瀬恒彦さんの訃報が届きました。映画「仁義なき戦い」やTVドラマ「十津川警部」の活躍が知られていますが、個人的には東映のプログラムピクチャーの印象が強いです。本当にかっこよかった。www.huffingtonpost.jp以下、渡瀬恒彦さんの出演作から私的…

【映画感想】『海よりもまだ深く 』(2016) / 中年男性には身につまされる映画

新文芸坐で映画『海よりもまだ深く 』(2016年、監督・脚本:是枝裕和)を鑑賞。主演は阿部寛。作家の篠田良多(阿部寛)は15年前に一度文学賞を受賞したが、それ以後は鳴かず飛ばず。興信所に勤めて糊口をしのいでいる。そのくせ無類のギャンブル好きで稼ぎが…

【映画感想】『永い言い訳』(2016) / 西川美和×本木雅弘

新文芸坐で映画『永い言い訳』(2016年、監督・原作・脚本:西川美和)を鑑賞。主演は本木雅弘。人気作家・衣笠幸夫(本木雅弘)は、妻(深津絵里)が旅先で親友とともにバス転落事故により事故死したという知らせを受ける。その時、不倫相手(黒木華)と浮気…

池田理代子展 @日本橋高島屋

日本橋高島屋で開催中の「デビュー50周年記念展 池田理代子-「ベルばら」とともに-」を見てきました。2017年に作家生活50周年を迎える池田理代子さんの記念展です。代表作は何と言っても、少女マンガの金字塔『ベルサイユのばら』。本展でも『ベルばら』の…

【映画感想】『明治天皇と日露大戦争』(1957) / 新東宝とは思えない超大作!

シネマヴェーラ渋谷の《玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のディープな世界》で、映画『明治天皇と日露大戦争 』(1957年、監督:渡辺邦男)を鑑賞。スタンダード版。明治天皇と日露大戦争 [DVD]出版社/メーカー: バップ発売日: 2005/07/21メディア: DVD クリック: …

【映画感想】『日本敗れず』(1954) / 戦後9年目に撮った宮城事件

シネマヴェーラ渋谷の《玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のディープな世界》で、映画『日本敗れず』(1954年、監督:阿部豊)を鑑賞。日本敗れず JKL-006-KEI [DVD]出版社/メーカー: 株式会社ケイメディア発売日: 2012/03/01メディア: DVDこの商品を含むブログを見…

韓国大統領が罷免されたけど……

韓国の憲法裁判所は、10日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾を妥当とする決定を言い渡し、朴槿恵大統領は直ちに罷免されて失職しました。60日以内に大統領選が実施されることになり、さらに政治の混迷が続くことになります。www.newsweekjapan.jp弾劾や罷…

【読書感想】小松左京『アメリカの壁』(文藝春秋、1978年)

日本SF界の巨匠・小松左京の短編集から表題作の「アメリカの壁」を読んでみました。1977年の「SFマガジン」誌に発表されたのが初出で、40年前のSF短編小説ですが、トランプ大統領就任により現在のアメリカを予言した作品として注目を集めています。アメリカ…

時代劇ドラマ「巌流島 小次郎と武蔵」がよかった!

NHK正月時代劇「巌流島 小次郎と武蔵」(1992年)を鑑賞する。巌流島の決闘をテーマにした時代劇だが、タイトルで小次郎が前に置かれていることからもわかるように、珍しく佐々木小次郎を主役に据えていて、吉川版武蔵とは異なる、ジェームス三木の脚本による…

ライブ盤「ザ・ピーナッツ・オン・ステージ」がカッコいい

ザ・ピーナッツのライブアルバムを聞いてみた。彼女たちの真骨頂である洋楽カバーのライブを堪能できる一枚。IT’S TOO LATE~ザ・ピーナッツ・オン・ステージアーティスト: ザ・ピーナッツ,宮川泰,山上路夫,S.BECHET,Hensley,Toni Stern,J.Cameron Fogerty,岩…

【読書感想】野口悠紀雄『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能 』(朝日新書、2016年)

百科全書から人工知能に至るまで、知識や情報がどのように“進化“してきたかを俯瞰できる。コンパクトにまとまっていて読みやすい。インターネット登場後の話はどこかで聞いたことのある内容が多かったが、それ以前の話の方が興味深かった。知の進化論 百科全…

【映画感想】『座頭市御用旅』(1972) / 森繁久彌、三國連太郎を迎えた豪華な座頭市

新文芸坐の《1997年に亡くなった三大映画スター 没後20年 三船敏郎・勝新太郎・中村錦之助》という企画で、映画『座頭市御用旅』(1972年、監督:森一生)を鑑賞。“座頭市”シリーズ第23作。座頭市 御用旅 [DVD]出版社/メーカー: 東宝発売日: 2010/05/28メディ…

【映画感想】『新座頭市物語 折れた杖』(1972) / 独特の演出が際立つ勝新監督作品

新文芸坐の《1997年に亡くなった三大映画スター 没後20年 三船敏郎・勝新太郎・中村錦之助》という企画で、映画『新座頭市物語 折れた杖』(1972年)を鑑賞。『顔役』に続く勝新太郎監督第2作。“座頭市”シリーズ第24作。新座頭市物語 折れた杖 [東宝DVDシネマ…

テレビ時代劇『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』を見終わりました

昨年の9月からNHK総合「土曜時代劇」で放送されていた『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』(全20話)を見終わりました。原作は諸田玲子の歴史小説『四十八人目の忠臣』です。主演は時代劇初挑戦の武井咲。タイトルから想像できるように、女性の主人公が赤穂事…

コミック『土星マンション』読了しました

岩岡ヒサエのSF長編コミック『土星マンション』(全7巻)を読了。地球全域が自然保護区となり、地上へ降りることが許されなくなった時代。人類は地球上空に浮かぶ巨大なリング状の建造物で暮らしていた。こうしたユニークな設定のSFコミック。タイトルの『土星…

iOS 10.2.1で「iPhone 6sが突然シャットダウンする問題」が軽減された件

昨年秋にAppleがiPhone 6sが予期せずシャットダウン (unexpectedly shut down) する不具合についてのリコールが発表された。該当されたロットのiPhone 6sについて無料でバッテリーを交換するプログラムが適用された。上記と同じような症状に悩んでいたが、Ap…

【映画感想】『何者』(2016) / いまどきの就活物語なのか!?

目黒シネマで映画『何者』(2016年、監督:三浦大輔)を鑑賞。原作は直木賞を受賞して話題になった朝井リョウの同名小説。佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生らの若手俳優の演技合戦も見ることができる。いまどきの就活を通して若者たちのリア…

【映画感想】『SCOOP! 』 / 脱がない二階堂ふみにフンガイ!

目黒シネマで映画『SCOOP! 』(2016年、監督:大根仁)を鑑賞。原田眞人が監督・脚本を手掛けたテレビ映画『盗写 1/250秒』(1985年)が原作だが、設定はスマホやデジカメが普及している現代。主演は福山雅治。SCOOP! 通常版Blu-ray出版社/メーカー: アミューズ…

100均で買った三脚をスマホスタンドにしてみた

先日nasneを導入して以来、iPhoneでテレビを見る機会が増えました。というか、ほとんどテレビの電源を入れなくなりました。いままでiPhone用のスタンドがなかったので適当に立てかけて使っていましたがどうも使い勝手が悪い。そこでスタンドを買おうかなと考…

【映画感想】『沈黙-サイレンス‐』(2016) / マーティン・スコセッシ監督 x 遠藤周作

少し前に近所のシネコンで映画『沈黙-サイレンス‐』(2016年、監督:マーティン・スコセッシ)を見てきた。遠藤周作の原作が好きなので、事前に篠田正浩版をチェックしてから満を持して鑑賞する。1966年に発表された遠藤周作の小説『沈黙』は、17世紀中頃、キ…

谷山浩子と栗コーダーカルテット の「ひろコーダー☆栗コーダー」を聞いてみた

谷山浩子と栗コーダーカルテットのコラボレーションにより、谷山浩子の楽曲をセルフカバーしたアルバム。ひろコーダー☆栗コーダーアーティスト: 谷山浩子と栗コーダーカルテット,谷山浩子,栗コーダーカルテット出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニ…

【訃報】鈴木清順さん死去

映画監督の鈴木清順さんの訃報が届きました。93歳でした。www.huffingtonpost.jp鈴木清順監督と言えば、『ツィゴイネルワイゼン』(1980年)、『陽炎座』(1981年)、『夢二』(1991年)の三部作で知られていますが、私は日活時代の作品が印象に残っています。日活…

ついに豊洲市場問題で百条委員会が設置される

2月22日、迷走を続ける豊洲市場問題の真相を解明するため、都議会で百条委員会の設置が議決されました。夏に都議会議員選挙を控え、今回の百条委員会設置に表立って反対する会派はなく全会一致でした。jp.reuters.com百条委員会とは、地方議会が設置する調査…

【映画感想】『ロブスター』(2015) / 究極の少子化対策はこれだ!

新文芸坐で映画『ロブスター』(2015年、監督:ヨルゴス・ランティモス)を鑑賞。ギリシャ人監督だが本作は英語作品。ユニークな設定のSF映画。ロブスター(Blu-ray Disc) [ コリン・ファレル ]ジャンル: CD・DVD・楽器 > Blu-ray > 洋画ショップ: バンダレコー…

【映画感想】『マジカル・ガール』(2014) / 長山洋子のデビュー曲が耳に残るスペイン映画

新文芸坐でスペイン映画『マジカル・ガール』(2014年、監督:カルロス・ベルムト)を鑑賞。劇中で日本の架空の「魔法少女シリーズ」の主題歌として、長山洋子のデビュー曲「春はSA・RA・SA・RA」が使われていて強い印象を残す。マジカル・ガール [Blu-ray]出…

コミック「さよならソルシエ」を読んでみた

穂積によるコミック「さよならソルシエ」(全2巻)を読了。昨年末、東京都美術館の「ゴッホとゴーギャン展」でゴッホの作品をまとめて見る機会がありました。そのときに知人に薦められたコミックです。ちなみにソルシエ〈Sorcier)というのは魔術師という意味…

NHK BSプレミアムの「カウントダウンLIVE アニソン ベスト100 !」を見た

2月18日、NHK BSプレミアムで放送された「カウントダウンLIVE アニソン ベスト100 !」を見ました。視聴者からの投票結果をもとに、日本のアニメ100年の歴史を彩ってきた「アニソン」100曲をライブでカウントダウンしながら発表する生番組。司会は中川翔子、…

【映画感想】『インターミッション』(2013) / 銀座シネパトスを偲ぶ映画

DVDで映画『インターミッション』(2013年、監督:樋口尚文)を鑑賞。2013年3月に閉館した老舗映画館「銀座シネパトス」を舞台にした群像劇。秋吉久美子、染谷将太主演。インターミッション [DVD]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2013/02/23メディア: DVD購…

【読書感想】『大和和紀画業50周年記念画集~彩~ 』(講談社、2016年)

大判で豪華な装丁の大和和紀の画集です。少し前に「はいからさんが通る」を読み直したので、表紙の絵に惹かれて手に取りました。お値段はやや張りますが満足度の高い画集です。大和和紀画業50周年記念画集~彩~作者: 大和和紀出版社/メーカー: 講談社発売日: …

【映画感想】『あゝ決戦航空隊』(1974) / 神風特攻隊の創始者・大西瀧治郎の生涯を描いた「実録・太平洋戦争」

DVDで映画『あゝ決戦航空隊』(1974年、監督:山下耕作 ) を鑑賞。神風特攻隊の創始者である大西瀧治郎中将を通して大戦末期を描く。予告編に「実録・太平洋戦争」というキャッチコピーがあったが、東映の実録路線のノリでつくられた戦争映画である。主演は鶴…

ニコ生でテレビ時代劇「座頭市物語」配信中!

現在、ニコ生の時代劇専門チャンネルでテレビ時代劇「座頭市物語」が、週末4話ずつ配信されています。これは勝新太郎主演により日本映画の黄金期に一世風靡した「座頭市」の初のテレビ作品です。以下のようにテレビシリーズは全100話作られました。 タイトル…

【読書感想】 テリー下沢『昭和アニメソングベスト100』(北辰堂出版、2016年)

昭和アニメへの愛が感じられる一冊。昭和38年の「鉄腕アトム」から昭和63年の「それいけ!アンパンマン」まで100曲が紹介されている。 昭和アニメソングベスト100作者: テリー下沢出版社/メーカー: 北辰堂出版発売日: 2016/03/29メディア: 新書この商品を含…

【読書感想】小山龍介『片づけHACKS!』(東洋経済新報社、2016年)

これまで何冊も読んだ「HACKS」シリーズの新刊。手に取るとあいかわらず89個のHACKSが載っていて懐かしく感じたので読んでみた。筆者が能に傾倒していたのを知ってびっくりしたが……。これは別の話。片づけHACKS!―がんばらないで成果が上がる「場を整え…

EvernoteのWebインタフェースがダウンして困った件

先日、EvernoteのWebインタフェースの遭遇して困りました。私が気がついたのは、日本時間の2月9日の夜でした。いつものようにWebインタフェースでメモを入力したが、いっこうに同期しない。何かおかしいと思い保存していたノートを参照しようとしたがロード…

nasne(ナスネ)を1か月使ってみて

使っていたBDレコーダーが壊れたので、先月nasneを導入しました。 その後、約1か月ほど使ってみたので簡単にレビューします。 環境 よかった点 iOSアプリのUX/UIが優れている 可変速で再生できる ニコニコ実況との連携 もうひとつだった点 シングルチューナ…

【映画感想】『ラストエンペラー』(1987) / 清朝最後の皇帝・溥儀の生涯描いた超大作

新文芸坐の《クラシック映画特集》で映画『ラストエンペラー』(1987年、監督:ベルナルド・ベルトルッチ)をひさしぶりに鑑賞。清朝最後の皇帝・溥儀の波乱に満ちた生涯を壮大なスケールで描く歴史超大作。ジョン・ローン主演。ラストエンペラー コレクター…

【読書感想】小山竜央『スマホの5分で人生は変わる』(KADOKAWA、2016年)

スマホのために「無気力な人間」が増えていると警鐘を鳴らし、スマホに使われるのではなくスマホを使いこなすために役立つ考え方を紹介する。ただのアプリの紹介にとどまらず、いわゆる成功法則を示しているのがミソ。スマホの5分で人生は変わる作者: 小山竜…

テレビドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」

DVDでテレビドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」(2015年)を鑑賞。有川浩のベストセラー小説の映像化作品。実は映画版かと思って借りてきたがこれが大まちがい。「あーあ、やっちまった」と思いながら見始めたが、これがなかなかの拾い物。図書館戦争 BOOK…

Spotifyで「ナイトクラブの奥村チヨ」を聞いて感激した件

去年、日本でSpotifyのサービスが開始されたときに一度試したことがあります。そのときは日本のアーティストのコンテンツが少なくて、まだまだこれからかなと思った覚えがあります。今回、あれから少しは増えたかなと思い再度チェックしました。まだまだ十分…

マリー・アントワネット展 @森アーツセンターギャラリー

六本木ヒルズで開催中のマリー・アントワネット展に行ってきました。フランス王妃・マリー・アントワネット(1755-1793)の激動の生涯を辿る展示会です。年末に出かけようと前にチケットを入手したがようやく見ることができました。会期は昨年10月からなので、…

「ラジオクラウド」を試してみた

ラジオ番組をオンデマンドで配信する「ラジオクラウド」というサービスが始まった。利用は無料。広告収入による収益を考えているとのこと。www.lifehacker.jpすでにラジオ番組を配信しているサービス「radiko」とのちがいは、サイマルで配信ではなくオンデマ…

【映画感想】『ハドソン川の奇跡』(2016) / 旅客機の不時着水事故をクリント・イーストウッドが映画化

新文芸坐で映画『ハドソン川の奇跡』(2016年)を鑑賞。2009年に実際に起こったUSエアウェイズ1549便不時着水事故の奇跡的な生還劇を、巨匠・クリント・イーストウッド監督が映画化。ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付)…

BS11で『機動戦士Ζガンダム』始まりました

先週日曜日よりBS11でアニメ『機動戦士Ζガンダム HDリマスター』(全50話)が始まりました。ファーストガンダムから6年後の1985年に放送された「ガンダムシリーズ」第2弾です。さっそく第1話を見ました。実になつかしい。機動戦士Zガンダム メモリアルボック…

【読書感想】ますっく『波瀾爆笑!?我が人生 II』(宝塚クリエイティブアーツ、2016年)

雑誌『宝塚GRAPH』で好評連載中の人気マンガの単行本化第二弾。タカラジェンヌたちの誕生から、幼少期や学生時代の思い出、そして宝塚音楽学校入学までの道のりをマンガで紹介します。私は毎月GRAPHを手にするとまずこのマンガをチェックします。波瀾爆笑!?…

【映画感想】『海と毒薬』(1986) / 遠藤文学不滅の傑作の映画化

早稲田松竹で映画『海と毒薬』(1986年、監督:熊井啓)を鑑賞。マーティン・スコセッシ監督『沈黙-サイレンス‐』の公開記念の企画上映。遠藤周作の同名小説の映画化。白黒映画。当日は遠藤周作作品の二本立て上映だった。海と毒薬 デラックス版 [DVD]出版社/…